腹筋運動が苦手な人にオススメの「ニーツーエルボー」とは?【スーツが似合うカラダになる"服筋"#12】

Facebook
Twitter

「ニーツーエルボー」の手順(写真3点)

左右交互に10回ずつ行う。勢いや反動を使わずにできるだけ大きくゆっくり動作することが大切。ひじと膝をタッチするところで一拍おくような意識を持ち、ひじと反対側の膝がきちんとつくよう、ウエストのねじりを意識することもポイント。脚を高く上げることで、普段あまり使えていない大腰筋までしっかりと刺激でき、下腹の引き締めや運動不足の解消はもちろん、インナーマッスルの強化を促す運動効果が得られる。

"70点でもOK"という意識を

運動へのモチベーションを下げないためのコツ、それは「毎日100%の実践は必要ない」ということ。たとえば仕事が忙しく、予定していたメニューをすべて行えなかった時、「次は120%頑張ろう!」と気負ってしまうが、それが逆にプレッシャーになり、悪循環となる。実は毎日100点のエクササイズをする必要はない。70点くらいで充分と森さんは言う。「気持ちを楽にして、その日その時、できる分だけでいい。そうして気負わずトレーニングを継続していくことのほうが大切なのです」。



[MEN'S EX 2019年6月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
<b>Step 1</b>
<hr style= 足を肩幅に開き、背すじを伸ばして立つ。"/>

Step 1
足を肩幅に開き、背すじを伸ばして立つ。

<b>Step 2</b>
<hr style= 身体をしっかりとねじりながら太ももを高く上げて、右ひじと左膝をくっつけるように合わせる。"/>

Step 2
身体をしっかりとねじりながら太ももを高く上げて、右ひじと左膝をくっつけるように合わせる。

<b>Step 3</b>
<hr style= 一旦、1の体勢に戻ってから反対側も同様に行う。1回の動作ごとにスタートポジションで上体を一度しっかりと伸ばすことが大切。"/>

Step 3
一旦、1の体勢に戻ってから反対側も同様に行う。1回の動作ごとにスタートポジションで上体を一度しっかりと伸ばすことが大切。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop