「低スピン性能でも球をつかまえやすい」ピン G410 LST ドライバー

Facebook
Twitter
ゴルフ試打
ライターのツルハラがドライバーのヘッドスピード約46m/sで試打

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 確かに、これまでのピンのLSTよりも球をつかまえやすい! このヘッド性能なら、球を右に逃がしがちなアマチュアにもうまく扱えそう。ゴルファーのヘッドスピードを問わず、スピン過多で悩んでいる人が使うと飛距離アップできそうですね。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ 打点がズレても球が曲がりづらく、直線的に飛ばせるやさしさは「G410 PLUS ドライバー」と同等です。それでいて低スピン弾道を打てるのが魅力ですね。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 奥嶋プロが使うとしたら、ソール後方のウェイトの位置はどこがいいですか? それとG410シリーズからネックのスリーブ形状が変わって、ライ角をフラットに設定できるようにもなっています。このあたりの調整は?

 G410シリーズのドライバー
G410シリーズのドライバーは、ネックの調整機能でライ角をフラットに変えられる

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ いろいろ打ち比べましたが、「G410 LST ドライバー」はウェイトをトゥ側に移動させたフェードセッティングにすると、ヘッド挙動が素直に感じられて良かったです。このあたりのフィーリングが「G410 PLUS ドライバー」と変わるところも面白いですね。ライ角は、僕の場合はフラットに調整して使いますね。引っ掛けを警戒するゴルファーには、この〔フェード×フラット〕がいいと思います!

試打した製品の情報はコチラ ピンゴルフジャパン

関連記事一覧:プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー

関連記事: 「ドライバーのスピン量を減らすには、どうしたらいい?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.01】 「プッシュスライスのミスは、どうやって直す?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.02】 「ダフリやトップが出ないアプローチの打ち方は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.03】 「ふわりとボールを上げるアプローチ」の打ち方は?【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.04】 「イメージだけで、引っ掛けやスライスを直すには?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.05】 「アイアンで、トップやダフリが出にくい打ち方は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.06】 「ドライバーをアッパーブローで打って飛ばす方法は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.07】 「飛んで曲がらない最新スイングを教えて!」(PART.1)【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.08】 「飛んで曲がらない最新スイングを教えて!」(PART.2)【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.09】 「飛んで曲がらない最新スイングを教えて!」(PART.3)【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.10】 「飛んで曲がらない最新スイングを教えて!」(PART.4)【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.11】

奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市都筑区にあるヒルトップ横浜クラブ内の「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、弾道計測器フライトスコープ、3DモーションキャプチャーGEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。
http://www.nobby-tech.co.jp/swinggear/

鶴原弘高さん 鶴原弘高/つるはら・ひろたか
雑誌やウェブで多くの記事を手掛けるゴルフ専業のライター。もちろん自身も大のゴルフ好きで、最新ギアも大好き。オフィシャルハンデは7。ゴルフギア情報を発信する会員制サイト「3up CLUB」のキャスターも務めている。
https://3up.club



文/鶴原弘高

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop