「イメージだけで、引っ掛けやスライスを直すには?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.05】

Facebook
Twitter

ヘッドの通り道のイメージを変えてみよう!

スイングを修正するのは、練習量が少ないアマチュアにとっては大変な作業になります。ですから、カラダの正しい動きはとりあえず置いておいて、ヘッドの動きの修正だけに注力してみましょう。そのほうが即効性もあります! やることはとても簡単。練習場の打席で、飛球線後方の右内側にコインやティなどの目印を置きます。

飛球線後方の右内側に目印となるものを置きます。目印にはティやコインなどの高さのないものを使用しましょう。写真では飛球線後方の延長線が分かりやすいようにイエローの棒を置いてありなす
飛球線後方の右内側に目印となるものを置きます。目印にはティやコインなどの高さのないものを使用しましょう。写真では飛球線後方の延長線が分かりやすいようにイエローの棒を置いてありなす

スイングするときには、ヘッドがこの目印の上を通過するようにして、そこからインパクトを迎えるイメージを持ちます。最初は"腰から腰までの小さなスイング"ではじめて、ヘッド軌道のイメージをつかんだからフルショットをしてみましょう。これでもう左には飛び出さなくなっているはずです。

こうやって打つと、ボールが右に飛び出すスライスを打ってしまう人もいるでしょう。けれど、それは単にインパクトでフェースが開いているからです。その場合は、ヘッド軌道はこのイメージのままで、左手の甲を少し地面に向けるようなイメージを持ってください。そうすると、フェースがクローズ気味になってドローが打てるようになります。

 奥嶋誠昭さん 奥嶋誠昭/おくしま・ともあき
JGTOツアープレーヤー資格を持ち、プロコーチとしても活躍中。横浜市都筑区にあるヒルトップ横浜クラブ内の「ノビテック・ゴルフスタジオ」でヘッドコーチを務め、弾道計測器フライトスコープ、3DモーションキャプチャーGEARSなどの最新機器を使ったレッスンをアマチュアにも展開中。
http://www.nobby-tech.co.jp/swinggear/



文/鶴原弘高

関連記事: 「ふわりとボールを上げるアプローチ」の打ち方は?【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.04】 「ダフリやトップが出ないアプローチの打ち方は?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.03】 「プッシュスライスのミスは、どうやって直す?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.02】 「ドライバーのスピン量を減らすには、どうしたらいい?」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.01】

スイングがアウトサイド・イン軌道になると、たいていヘッドの入射角が強くなってダウンブロー気味にインパクトしてしまう。球の高さが出づらくなる

スイングがアウトサイド・イン軌道になると、たいていヘッドの入射角が強くなってダウンブロー気味にインパクトしてしまう。球の高さが出づらくなる

※ 実際にボールを打つときには、目印だけにして飛球線を示すものは外しましょう。くれぐれの周りの安全を注意して行ってください

※ 実際にボールを打つときには、目印だけにして飛球線を示すものは外しましょう。くれぐれの周りの安全を注意して行ってください

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

・・・
    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop