体の不調は「舌」で診断できる! あなたの危険舌はどのタイプ?

Facebook
Twitter

(5)ギザギザ浮腫タイプ
冷え性や疲れやすい人は要注意

ダイヤモンド・オンライン 「ギザギザ浮腫タイプ」舌が膨れ、周りがギザギザに

 舌は全体に白っぽく、舌が水分で膨れているため、舌の縁が歯に当たりギザギザしている。

「体の水分が多い人で、冷えやすいのが特徴です。しかし、このタイプの人の冷えは、ドロドロ血流タイプの冷えとは違い、水分過多による全身的な冷えです。他にも、むくみ、下痢、慢性疲労、体のだるさ、鼻水、嘔吐といった症状がみられます。このタイプの人は、気圧に影響されるため、台風シーズンに体調を崩しやすいです。舌が膨れた状態が長期間にわたって続くと、舌がんのリスクが上がります」

 家の中にいるとすぐに横になりたがったり、疲れやすかったりするのもこのタイプの特徴だ。

 体にこもった湿を追い出す、しそ、パセリ、にら、クルミ、栗、みそ、酢、納豆、しょうがなどを取るとよい。

 食材は、体質によって食べるとよいものが異なるので、情報番組などで「これがいい!」と言われているものが万人によいわけではない。自分に合った食べ物を知り、正しく取ることで、体質改善につながるという。

 症状が悪化している場合は生活習慣の改善だけでは間に合わない場合もある。しかし、日常的に舌を見る習慣をつけることで、日々の自分の体調を把握するバロメーターとして使えるはずだ。

(ライター 中谷光希)

中城基雄(なかじょう・もとお)

中城歯科院長。1984年東京歯科大学卒業、88年に日本大学大学院歯科放射線学教室にて歯学博士取得後、中城歯科医院院長に。2003年、鍼灸師の国家資格を取得。日本で唯一の口臭治療専門の歯科医。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのメディアに多数登場している。
中城歯科のサイト https://www.nakajo-dental.com/
中城基雄のオフィシャルサイト https://www.nakajomotoo.com/

ダイヤモンド・オンライン

[ダイヤモンド・オンラインの記事を再構成]
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop