【今、"日本のオーダーメイド"に世界が注目する理由】──サイモン・クロンプトン氏の東京シンポジウム完全レポート!

Facebook
Twitter

日本のビスポークに、「日本独自のスタイル」は存在する?

voice_190528_permanentstyle_31.jpg

サイモン よくわかりました。では次に、日本ならではのスタイルというものについてお伺いしたく思います。近年の日本職人は、イギリスやイタリアなど海外で修業を積んだ人が多いですが、それらとは違う日本独自のスタイルというものはありますか?

山神 具体的には見えにくいのですが、確かに存在はすると思います。たとえば一見イタリアやイギリス風のモノを作っていても、職人自身が日本で生まれ育っているわけですから、そのアイデンティティはどこかしらに影響を与えているのではないでしょうか。

サイモン 鴨志田さんはどう思われますか?

voice_190528_permanentstyle_16.jpg

鴨志田 当然ですが、洋服とはもともと西洋のものです。それが日本に伝わり、最初は見よう見まねで取り入れられてきたわけです。モノ作りだけでなく、アイビーに代表されるスタイルもそうですよね。で、今はかなり成熟してきた。ビスポークに関してもプロセスは同じで、今は職人たちが海外で学んだ技術を持ち帰って、それをベースとしながら各自のスタイルを確立しつつある段階。日本のビスポーク全体を俯瞰して「これがジャパニーズ・スタイルだ」といえるものができるのはもう少し先のことでしょう。たとえば日本の気候に合わせた仕立てとか、今後何らかの形で日本ならではのスタイルが確立されていくでしょうね。

voice_190528_permanentstyle_19.jpg

サイモン 興味深いですね。日本のモノ作りはディテール偏重でクリエイティビティに欠けるとも言われていましたが、今の職人たちは非常にクリエイティブだと思います。例えばイギリスのスーツ職人や靴職人は他の分野のことにはあまり興味を示さないのですが、日本職人は様々な事柄に広く興味を持っているようですしね。ところで、日本のビスポークを今後さらに発展させていくためには後継者の育成が不可欠ですが、学校や政府の支援プログラムなどは日本にあるのでしょうか?

福田 政府のプログラムというと聞いたことがないですが、靴作りの学校はたくさんあります。また私のところではフランスとの交換留学を行っていて、毎年2名のフランス人が私の工房で研修し、こちらからも研修生をフランスに送り出しています。

山神 残念ながら、シャツに関しては専門の学校がない状況です。私の場合は、世界の色々なシャツを買って、解体して、再び自分で縫製することで型紙への理解を深めていきました。それに人体工学の視点を取り入れて独学で完成させたのが山神シャツのスタイルです。

サイモン それは大変な苦労をされましたね。では、日本のビスポークの将来は今後どうなっていくのでしょうか?

voice_190528_permanentstyle_14.jpg

鴨志田 海外の方から見ると、日本のビスポーク市場はものすごく活況を呈しているイメージがあるかもしれませんが、実際はまだまだ小規模なものです。ただ、将来に関しては期待していますね。ビスポークをするというのは、ライフスタイルを考えること。自分をしっかり見つめなおして、いかに磨き上げるか、どうやって生きていくかを考えることにつながります。そういったビスポークの世界観は日本人の好みとも一致していますから、今後より定着して、成熟していくのではと思っています。

 ただ、別の側面から見ると大きな課題もあると私は思います。ひとつは、人気に乗じてビスポークのビジネスを拡大しようとするあまり、モノ作りが画一化されてしまわないかという懸念。もうひとつは、今のビスポークを100年後、200年後に継承できるかということです。今ここにいる皆さんをはじめ、日本のビスポーク職人はほとんどが第一世代。その技を次世代に継承して、企業体としてのテーラーやシューメーカーとして存続させられるかにジャパニーズ・ビスポークの将来がかかっていると思います。サヴィル・ロウのテーラーはそれができていますよね。父親のビスポークスーツを直して、息子が受け継ぐなんて美談を耳にしますが、それもテーラーが存続していないと不可能ですから。

voice_190528_permanentstyle_13.jpg

鴨志田 ビジネスという面で考えると、やはり日本の市場だけでは限界があります。ロンドンやナポリに海外からわざわざ顧客がくるように、ビスポークしにわざわざ日本まで行きたいと世界の人々に思わせるまでグローバルなものになれれば、ビジネスチャンスはグッと広がるでしょうね。そのためには、先ほど話に出たスタイルを持つということが鍵になると思います。まだまだ日本のビスポークは"個"の段階。これがもっと発展して、フィレンツェ仕立てやナポリ仕立てのように、あるいは有田焼、備前焼のようにジャパニーズ・ビスポークのスタイルを持てればいいですね。そうなれるポテンシャルはあると思います。

voice_190528_permanentstyle_18.jpg

平澤 韓国の友人が以前、ヴィッラ デル コレアでのトランクショーでチッチオのスーツを仕立てたそうなのですが、それがものすごく気に入って、次は東京で作りたいとわざわざ来日してくれたんです。海外でオーダー会を開かなくても、海外の方ご自身が日本でオーダーしたいと思って自ら日本に着てくれる、そういう人たちが増えてくれたら嬉しいですよね。

 今日ここに登壇されている方々が作るものは極めて高い価値があると思います。それは日本人よりむしろ海外の方のほうが正しく評価しているかもしれないですね。もったいないことに、日本にはその価値を認識している人がまだまだ少ない。

長谷川 ところで、今日は観客として、アーモリーの共同経営者、マーク・チョーさんにもお越しいただいています。日本のクラフツマンシップの価値を改めて世界に広めた立役者である彼にも、ジャパン・クオリティについて意見を伺いたいと思います。

voice_190528_permanentstyle_34.jpg

マーク そうですね、主に2つの特徴を挙げられると思います。ひとつは、日本のモノ作りはとても特別だということ。細かいところにまで注意を払い、品質は極めて高い。これは他の国では見つけられない特性です。もうひとつは、日本というのは世界の多くの国々にとって、とても遠い場所にあるということです。自分のところから遠いところにあるものというのは、それだけで特別に見えるものですよね。今、日本のプロダクトは高い信頼性を象徴するブランドになっていますが、そんなブランドイメージはこの2つの側面によって醸成されたと思っています。

サイモン 核心を突いた意見ですね。今日のシンポジウムを通して、日本の職人の方々が誇りを持って日々邁進しているということを改めて実感しました。これからの発展にも大いに期待したいところですね。皆様、本日はありがとうございました!

voice_190528_permanentstyle_40.jpg

会場には今回登壇した3名の職人の皆様のビスポークサンプルも展示!(写真5枚)

<b>Simon Crompton(サイモン・クロンプトン)</b><br />オックスフォード大学トリニティカレッジを卒業後、出版社で政治、経済、法律などを専門とするジャーナリストとして勤務。趣味で始めたブログ「PERMANENT STYLE」が評判を呼び、ビスポークを中心としたクラシックなメンズウェアに関する著述で名声を獲得。現在はオンラインショッピングなども含む複合デジタルメディアとして世界的に認知されている。

Simon Crompton(サイモン・クロンプトン)
オックスフォード大学トリニティカレッジを卒業後、出版社で政治、経済、法律などを専門とするジャーナリストとして勤務。趣味で始めたブログ「PERMANENT STYLE」が評判を呼び、ビスポークを中心としたクラシックなメンズウェアに関する著述で名声を獲得。現在はオンラインショッピングなども含む複合デジタルメディアとして世界的に認知されている。

<b>上木規至</b><br />リングヂャケットでテーラリングを学んだのち、修業のためナポリで約3年半を過ごす。最初にダル クォーレ、次にアントニオ パスカリエッロと2つのテーラーで昼夜を問わず懸命に働き続け、サルトとしての技を磨く。2008年に帰国後、師匠パスカリエッロが上木氏に付けたニックネームにあやかって「サルトリア チッチオ」として創業。しばらくはタイ ユア タイ 青山(現在は閉店)内に工房を構えて活動していたが、2015年、満を持して自らのテーラーを開く。今、日本で最も注目されるテーラーの一人。

上木規至
リングヂャケットでテーラリングを学んだのち、修業のためナポリで約3年半を過ごす。最初にダル クォーレ、次にアントニオ パスカリエッロと2つのテーラーで昼夜を問わず懸命に働き続け、サルトとしての技を磨く。2008年に帰国後、師匠パスカリエッロが上木氏に付けたニックネームにあやかって「サルトリア チッチオ」として創業。しばらくはタイ ユア タイ 青山(現在は閉店)内に工房を構えて活動していたが、2015年、満を持して自らのテーラーを開く。今、日本で最も注目されるテーラーの一人。

<b>福田洋平</b><br />19歳で英国に渡り、靴職業訓練学校トレシャムインスティテュートに入学。当初は気軽な気持ちだったが、靴の博物館で偶然目にした100年前のヴィンテージ靴を見て衝撃を受け、靴作りの道にのめり込む。当地で技術が認められ、ジョージ クレバリーやエドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングのアウトワーカーとして活躍。2008年に帰国し、自身のブランド「ヨウヘイ フクダ」をスタート。フランス、アメリカ、シンガポール、香港など世界各国の靴好きが福田氏の靴を求めて来店している。

福田洋平
19歳で英国に渡り、靴職業訓練学校トレシャムインスティテュートに入学。当初は気軽な気持ちだったが、靴の博物館で偶然目にした100年前のヴィンテージ靴を見て衝撃を受け、靴作りの道にのめり込む。当地で技術が認められ、ジョージ クレバリーやエドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングのアウトワーカーとして活躍。2008年に帰国し、自身のブランド「ヨウヘイ フクダ」をスタート。フランス、アメリカ、シンガポール、香港など世界各国の靴好きが福田氏の靴を求めて来店している。

<b>山神正則</b><br />祖父の影響で幼少時からシャツに興味をもち、独学でシャツ作りをスタート。様々なブランドのシャツを解体して研究する一方、ジャケットのパターンメイキングや人体工学の知識なども学び、応用して独自のスタイルを確立する。2011年よりストラスブルゴと契約し、福岡店でシャツ職人として活躍。2015年、ストラスブルゴ南青山店3階に「ハウステイラーズラボ」がオープンしたのを機に東京へ拠点を移す。日本ではまだ数少ないシャツ職人の道を切り開く挑戦者。

山神正則
祖父の影響で幼少時からシャツに興味をもち、独学でシャツ作りをスタート。様々なブランドのシャツを解体して研究する一方、ジャケットのパターンメイキングや人体工学の知識なども学び、応用して独自のスタイルを確立する。2011年よりストラスブルゴと契約し、福岡店でシャツ職人として活躍。2015年、ストラスブルゴ南青山店3階に「ハウステイラーズラボ」がオープンしたのを機に東京へ拠点を移す。日本ではまだ数少ないシャツ職人の道を切り開く挑戦者。

<b>鴨志田康人</b><br />創業メンバーとしてユナイテッドアローズに参画し、クリエイティブディレクターとして長年にわたり活躍。2007年には自身のブランド「カモシタ ユナイテッドアローズ」を立ち上げ、ピッティ ウォモにも出展する。2018年からはフリーランスとなり、クリエイティブ アドヴァイザーとして引き続きユナイテッドアローズに関わりつつ、今季からはポール・スチュアートのディレクションも務めるなどいっそう活躍の場を拡大。世界的なウェルドレッサーとしても知られ、国籍・世代を超えたクラシック好きのヒーローとして羨望を集める。

鴨志田康人
創業メンバーとしてユナイテッドアローズに参画し、クリエイティブディレクターとして長年にわたり活躍。2007年には自身のブランド「カモシタ ユナイテッドアローズ」を立ち上げ、ピッティ ウォモにも出展する。2018年からはフリーランスとなり、クリエイティブ アドヴァイザーとして引き続きユナイテッドアローズに関わりつつ、今季からはポール・スチュアートのディレクションも務めるなどいっそう活躍の場を拡大。世界的なウェルドレッサーとしても知られ、国籍・世代を超えたクラシック好きのヒーローとして羨望を集める。

<b>鏡 陽介</b><br />
父親の仕事の都合により、幼少期をイギリスとアメリカで過ごす。大学卒業後、2002年に伊勢丹(現三越伊勢丹)に入社し、様々なテーラーリングブランドを扱う紳士服部門に配属。その後、鞄・雑貨部門でバイヤーを務めたのちに紳士服部門へ戻り、オーダーに特化した売り場を企画・先導して大躍進に導く。2018年には日本橋三越本店に異動し、同様の企画を推進中。世界のビスポークテーラーだけでなく、ファブリックメーカーやそのエージェントとも太いパイプを持ち、今までには不可能だった様々な新プロジェクトを連発している。

鏡 陽介
父親の仕事の都合により、幼少期をイギリスとアメリカで過ごす。大学卒業後、2002年に伊勢丹(現三越伊勢丹)に入社し、様々なテーラーリングブランドを扱う紳士服部門に配属。その後、鞄・雑貨部門でバイヤーを務めたのちに紳士服部門へ戻り、オーダーに特化した売り場を企画・先導して大躍進に導く。2018年には日本橋三越本店に異動し、同様の企画を推進中。世界のビスポークテーラーだけでなく、ファブリックメーカーやそのエージェントとも太いパイプを持ち、今までには不可能だった様々な新プロジェクトを連発している。

<b>平澤香苗</b><br />『Begin』『MEN’S EX』編集部を経て、2018年より『MEN’S EX ONLINE』編集長を務める。ピッティにはここ10年以上ほぼ欠かさず赴き、当地に集まる世界のファッション業界人と交流。サイモン・クロンプトン氏とは2018年にフィレンツェで行われた第一回シンポジウムの際に出会い、その後、香港取材の際に再会し取材。折しも当時は東京シンポジウムの企画段階で、直後にクロンプトン氏から出演オファーを受けて今回参加となった。

平澤香苗
『Begin』『MEN’S EX』編集部を経て、2018年より『MEN’S EX ONLINE』編集長を務める。ピッティにはここ10年以上ほぼ欠かさず赴き、当地に集まる世界のファッション業界人と交流。サイモン・クロンプトン氏とは2018年にフィレンツェで行われた第一回シンポジウムの際に出会い、その後、香港取材の際に再会し取材。折しも当時は東京シンポジウムの企画段階で、直後にクロンプトン氏から出演オファーを受けて今回参加となった。

<b>長谷川喜美</b><br />クラシックメンズウェアに深い造詣をもつジャーナリスト。『サヴィル・ロウ』『サルトリア・イタリアーナ』『ビスポークスタイル』など、ビスポークウェアやシューズに関する多数の著作をもつほか、ジェレミー・ハケット著『MR CLASSIC YESTERDAY & TOMORROW』では翻訳も担当。堪能な語学を活かして海外の様々なアトリエやファクトリーを直接取材し、様々な雑誌にも寄稿するほか、ヴィターレ・バルベリス・カノニコの日本・韓国・香港におけるPRアンバサダーも務める。(c)Ko Tuchiya

長谷川喜美
クラシックメンズウェアに深い造詣をもつジャーナリスト。『サヴィル・ロウ』『サルトリア・イタリアーナ』『ビスポークスタイル』など、ビスポークウェアやシューズに関する多数の著作をもつほか、ジェレミー・ハケット著『MR CLASSIC YESTERDAY & TOMORROW』では翻訳も担当。堪能な語学を活かして海外の様々なアトリエやファクトリーを直接取材し、様々な雑誌にも寄稿するほか、ヴィターレ・バルベリス・カノニコの日本・韓国・香港におけるPRアンバサダーも務める。(c)Ko Tuchiya

<b>Ciccioのビスポークスーツ</b><br />ナポリで学んだ軽く柔らかな仕立てと上木氏独自の美意識を融合させて生まれたチッチオのスタイルは、色気と端正さを併せ持った都会的洗練に溢れている。上木氏が最もこだわっている点が肩〜上襟にかけてのノボリ。山のように美しいラインを描くショルダーラインは写真でもわかるとおりだが、実際に着用したときのフィット感も格別だ。

Ciccioのビスポークスーツ
ナポリで学んだ軽く柔らかな仕立てと上木氏独自の美意識を融合させて生まれたチッチオのスタイルは、色気と端正さを併せ持った都会的洗練に溢れている。上木氏が最もこだわっている点が肩〜上襟にかけてのノボリ。山のように美しいラインを描くショルダーラインは写真でもわかるとおりだが、実際に着用したときのフィット感も格別だ。

<b>ヨウヘイフクダの靴</b><br />一分の隙もないほどに研ぎ澄まされた美しさを宿しながら、奇をてらったところがまるでない。これぞ最高の正統ドレスシューズというべき仕立てだ。ローファーや外羽根靴も作るが、ハウススタイルは内羽根靴だという福田氏。グッと低く抑えられたトウからスラリとのぼるサイドラインはため息がでるほど美しい。

ヨウヘイフクダの靴
一分の隙もないほどに研ぎ澄まされた美しさを宿しながら、奇をてらったところがまるでない。これぞ最高の正統ドレスシューズというべき仕立てだ。ローファーや外羽根靴も作るが、ハウススタイルは内羽根靴だという福田氏。グッと低く抑えられたトウからスラリとのぼるサイドラインはため息がでるほど美しい。

<b>ヨウヘイフクダの靴</b><br />この春発表されて業界を驚かせたのが、ジェイエムウエストンとのコラボシューズ(写真左の靴)。同社のロングセラーであるスプリットトゥダービーをベースとしているが、アンティーク調のカラーに加工されたボックスカーフをアッパーに採用している点が特徴。6月10日までの受注生産。

ヨウヘイフクダの靴
この春発表されて業界を驚かせたのが、ジェイエムウエストンとのコラボシューズ(写真左の靴)。同社のロングセラーであるスプリットトゥダービーをベースとしているが、アンティーク調のカラーに加工されたボックスカーフをアッパーに採用している点が特徴。6月10日までの受注生産。

<b>山神シャツ</b><br />採寸から縫製までの全行程を山神氏が手がけるビスポークシャツ。人体工学の理論も取り入れて生まれたというパターンメイキングは、体への追従性が驚異的に高いと評判だ。たっぷりとイセが入った肩にはふんわりとしたギャザーが入り、見た目にも軽やかで優雅な佇まい。

山神シャツ
採寸から縫製までの全行程を山神氏が手がけるビスポークシャツ。人体工学の理論も取り入れて生まれたというパターンメイキングは、体への追従性が驚異的に高いと評判だ。たっぷりとイセが入った肩にはふんわりとしたギャザーが入り、見た目にも軽やかで優雅な佇まい。

<b>山神シャツ</b><br />山神シャツのアイコンといえる襟型が、このような襟羽根大きめのセミワイドカラー。芯地は柔らかく、ふんわりとした胸元を演出する。

山神シャツ
山神シャツのアイコンといえる襟型が、このような襟羽根大きめのセミワイドカラー。芯地は柔らかく、ふんわりとした胸元を演出する。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

・・・
    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop