ビジネス会食は「ホテルを有効活用する」とうまくいく

Facebook
Twitter

"大事を始めるには、まず手近なことから始めよ"と教える中国の故事「隗より始めよ」。良い関係を築くには、まず一緒の食事から。達人たちのリアルな会食術を掘り下げる。

ハイアット セントリック
シェフとゲストの距離が近いライフスタイルホテル

今回、大嶋さんが推薦してくれた「NAMIKI 667」は、自由なスタイルで暮らすように滞在できるライフスタイルホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」のダイニング。店内の中央にはショーキッチンとカウンター席が配されていて、料理人とコミュニケーションを取りながら食事することが可能だ。「食材さえあれば、多少のお時間を頂戴しますが、可能な限りゲストのご要望にお応えします」(総料理長・早坂心吾さん)。

今月の"会"の達人

フリーランス PRコンサルタント
大嶋理絵さん

グランド ハイアット 東京およびパーク ハイアット東京にて約10年間マーケティング コミュニケーション マネージャーを務める。その後、アマゾン ジャパン広報部を経て独立。効率的なコミュニケーションプランを推進中。

メッセージ性のある演出で会食のマンネリ化を打破

"記憶に残る会食"を演出するやり方はいろいろあるだろうが、PRコンサルタントとしてメディア関係者との会食を重ねてきた大嶋理絵さんは、自らが紹介したい案件が相手の印象にきちんと残るように、それに紐づけて会場や料理に工夫を凝らす"会"の達人だ。

例えば先日はベトナムに新しく開業するラグジュアリーリゾートを紹介するためにランチョンを開催。ベトナム名物のサンドイッチを用意してもてなすことで、プレゼンテーションが単純化しないようにしたというが、聞けばそのメニューは普段は提供されない、スペシャルオーダーによるものだった。

「会場のホテル『ハイアット セントリック 銀座 東京』のダイニング『NAMIKI667』は料理が美味しいだけでなく、会食のテーマに合わせたメニューの相談にも応じてくださるので、頼り甲斐があります。私自身、かつてはホテルに勤めていたのですが、ホスピタリティに溢れたホテルほど臨機応変に対応し、こちらの意図をしっかり汲み取ってくれる。やれることとやれないことを明確に返答してもらえるので、プランニングするうえで安心ですね。また、サービスクオリティも総じてインターナショナルスタンダードをキープできるので、海外のお客様をお招きする場合にもうってつけだと思います」(大嶋さん)。

"会"を成功に導くには
ホスピタリティ溢れるホテルを有効活用する

プライバシーが保たれる広々とした個室も完備

プライバシーが保たれる広々とした個室も完備

カスタマイズでハンバーグを添えた牛すじカレー(3600円/税差別)。雑味のない旨み豊かな仕上がりは見事だ。

カスタマイズでハンバーグを添えた牛すじカレー(3600円/税差別)。雑味のない旨み豊かな仕上がりは見事だ。

「金目鯛のパピヨット」(3800円/税サ別)。包みを開けた途端にハーブが香り、
アサリの出汁を利かせたスープがじわりと五臓六腑に染みわたる。

「金目鯛のパピヨット」(3800円/税サ別)。包みを開けた途端にハーブが香り、 アサリの出汁を利かせたスープがじわりと五臓六腑に染みわたる。

<b>早坂心吾さん</b>ハイアット セントリック 銀座 東京総料理長
<br>「ゲストの要望を叶えるのが料理人としての喜びです」

早坂心吾さんハイアット セントリック 銀座 東京総料理長
「ゲストの要望を叶えるのが料理人としての喜びです」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop