ジョン・レノンのニューヨーク:最新の短編ガイド【ベリーのNY通信 #2】

Facebook
Twitter

ジョン・レノンが愛した街、ニューヨーク

To begin, allow me to state clearly that I am not a John Lennon scholar. I do, however, know my hometown of New York City, the city John loved.

まず最初に述べておきたいことは、私はジョン・レノン学者ではない、ということです。けれども、ジョン・レノンが最も愛した街、ニューヨーク(私の故郷)については、よく知っています。

His New York story begins in 1970 when he moved here to start anew with his wife Yoko Ono.

ジョン・レノンのニューヨークストーリーは、妻のオノ・ヨーコと共に新しい人生を歩み始めようと、1970年にニューヨークに移り住んだどきに始まりました。

voice_181116_johnlennon_07.jpg

There are many forces which brought John Lennon to New York. His mother passed away right as they were rehabilitating their relationship. His father had recently tried to extort him for money, making a failed attempt at a recording career. A little earlier in 1969, The Beatles were quietly disbanding.

彼がニューヨークへ引っ越してきたきっかけは、たくさんありました。まず、ジョンの母が、二人の関係を修復している間に、他界しました。また、ジョンの父はレコーディングスタジオの経営に失敗して、ジョンからお金を取り立てようとしていました。そしてそのちょっと前の1969年頃、ザ・ビートルズのメンバーは静かにだんだんと離れていっていました。

New York was the perfect refuge for John to forget the stress of his former life, while devoting himself to family life at home with Yoko and their new child, Sean.

ジョンにとってニューヨークは、その前の彼の人生の苦難を忘れるのに、恰好の逃げ場だったのです。そして彼はこの地で、妻のヨーコと新たに誕生した息子のショーンら家族との生活のために尽くしました。

Though John had previously had a child from his marriage to Cynthia Powell, it was when The Beatles were near the apex of their global fame, that he left his wife and child to perform with the band to enjoy a rather hedonistic lifestyle. Sex, drugs and rock n' roll, as they say.

ジョンは、前妻であるシンシア・パオルとの間にも子供をもうけていましたが、その頃「ザ・ビートルズ」はバンドとして世界中で人気絶頂期にあり、彼は妻と子供を捨て、バンドとともに過ごす快楽的な生活―いわゆる「セックス、ドラッグス、そしてロックンロール」―を選んだのでした。

His second child, Sean, would grant John a new lease on life and give him the joy of fatherhood that had always eluded him before. New York would provide John and Yoko with the convenience and anonymity they needed to devote themselves to family life, as well as their musical endeavors together.

そうして父親という立場を離れて随分経ってから誕生した第2子のショーンは、ジョンに「父親」としての喜びを与えてくれました。そしてニューヨークという街は、ジョンとヨーコに、「便利さ」と「匿名性」を与えてくれました。それによって、彼らの音楽の共同作業と共に、家族の生活に専念することができたのです。

On his final day on this earth, December 8, 1980, John felt optimistic about his creative future with his wife, Yoko. He had recently learned that their album, "Double Fantasy" had gone gold. Sadly, the world would lose John Lennon later that night.

1980年12月8日。ジョンがこの地球に存在した最後の日、彼は妻のヨーコとこれから作り上げていく未来について、楽観的に感じていました。「二人の新譜、ダブルファンタシー」がゴールドディスクとなった事を知ったのでした。しかし、その日の夜、悲しくもジョン・レノンは他界しました。

voice_181116_johnlennon_08.jpg
Entrance where John Lennon was shot to death on December 8, 1980. 12 月8日、ジョン・レノンが凶弾に倒れた入口。
voice_181116_johnlennon_30.jpg
Season of Glass, released less than 6 months after John's death by Geffen Records. The cover photo was taken by Yoko Ono from the couple's apartment. ジョンが亡くなってから半年経たないうちに、ゲフィンレコードから発売された「シーズン・オブ・グラス」。アルバムの表紙は、ヨーコが二人のアパートから撮ったもの。
Façade above the South entrance of The Dakota. The bas relief of the building is clearly visible. </br>
「ザ・ダコータ」の南入口の正面。浮き彫りのレリーフが、はっきりと見えます。

Façade above the South entrance of The Dakota. The bas relief of the building is clearly visible.
「ザ・ダコータ」の南入口の正面。浮き彫りのレリーフが、はっきりと見えます。

Guardian dragons surround the perimeter of the building. </br>守護龍が、建物の周囲を囲んでいます。

Guardian dragons surround the perimeter of the building.
守護龍が、建物の周囲を囲んでいます。

Jim hands out wooden tokens to patrons, which can be redeemed towards purchases in his shop. </br> 
ジムさんはお客さんに割引の為の木造コインを渡します。

Jim hands out wooden tokens to patrons, which can be redeemed towards purchases in his shop.
ジムさんはお客さんに割引の為の木造コインを渡します。

wood coin.

wood coin.

Kaufman Army & Navy Surplus

Kaufman Army & Navy Surplus

Kaufman Army & Navy Surplus

Kaufman Army & Navy Surplus

outside of the Hit Factory.

outside of the Hit Factory.

entrance of the Hit Factory.

entrance of the Hit Factory.

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop