【今月のインタビュー】大杉 漣さんが引き合わせた、佐向 大さん&光石 研さん

Facebook
Twitter

『教誨師』ギャラリーを見る(写真2点)

『教誨師』

死で罪は償えるか。生きる意味とは。大杉 漣、最後の問い

教誨師、それは死刑囚の魂の奥底を照らす鏡。人生の無常が滲む密室から希望を見出そうとする視線が、温かくも切ない。ほかに古舘寛治、烏丸せつこ、玉置玲央、五頭岳夫、小川登が出演。
10/6より有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサ他でロードショー。

関連記事:今年2月に急逝した大杉 漣の、最初のプロデュース作にして最後の主演作『教誨師(きょうかいし)』

[MEN'S EX 2018年11月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)

<b>佐向 大さん</b>
<hr style= 知るのは怖い。それでも知りたい。その思いを受け止めてくれた人がいた"/>

佐向 大さん
知るのは怖い。それでも知りたい。その思いを受け止めてくれた人がいた

<b>光石 研さん</b>
<hr style= 「型通り」は好きじゃない。演じるには、まず生身の人間を作ること"/>

光石 研さん
「型通り」は好きじゃない。演じるには、まず生身の人間を作ること

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop