受け継がれる「装いの記憶」とは? ~The Permanence of Memory~【ベリーのNY通信 #1】

Facebook
Twitter

My father's sense of style was utilitarian and traditional American. I only saw him wear blues and greys from Brooks Brothers or Paul Stuart. He wore Alden shoes, which he shined religiously on Sunday evenings. I remember him telling me once when I asked about his shoes, "You can get Allen Edmonds for less, but they don't hold up as well as the Aldens." For casual wear it was Brooks chinos and Lacoste shirts, and sometimes even Levis 501's, which he would buy at the local discount convenience store on 86th street and 3rd avenue.

私の父のスタイルは実用的なアメトラでした。 父が、ブルックス ブラザーズやポール スチュアートの、ネイビーやグレーの服以外を着ているところを、見たことがありません。彼はいつもオールデンの靴を履いていて、毎週日曜日の夕方に、宗教的に磨いていました。 ある日、靴について尋ねたとき、彼が言った台詞を私はよく覚えています。 「アレン・エドモンズの靴はもっと安く買えるけれど、オールデンは最も耐久性あるんだ。」 カジュアルな装いのときは、ブルックス・ブラザーズのチノパンに、ラコステやフレッドペリーのシャツでした。そしてたまに、86番通りと3番街の角にあるディスカウントストアで買ったリーバイスを履くこともありました。

fashon_180702_christopher_07.jpgMy Godfather Renzo and Father Eliot in the early 90's in Florence. 1990年代初頭のフィレンツェにて、ゴッドファーザーのレンゾと父のエリオットと私。

My father passed away when I was just a boy. He died in his sleep of a heart attack. I was the one who found him. That was it, he was gone. I remember him every day, every dawn.

父は、まだ私が幼い頃に他界しました。彼は寝ている間に、心臓発作で亡くなったのです。 私は、その第一発見者でした。あなたはその状況を、想像できますか? そうして、一瞬の間に、 彼は逝ってしまった。私は毎日、毎晩、彼のことを思わない日はありません。

A gentleman is not born, we are made. Step by step. The Stoics believed, above all else, that our job on earth is to be a good person.

「紳士というのは、自然に生まれるわけではありません。一歩一歩作られるものなのです。」――哲学者のストアは、とりわけ地球上での私たちの責任は良い人間になると信じていました。

"What is your vocation? To be a good person." - Marcus Aurelius, MEDITATIONS, 11.5

"あなたの職業は何ですか?良い人になるために -マルクス・アウレリウス、自省録、11.5

My godfather, Renzo. At left on the beach in Forte dei Marmi and at right in Central Park in the late 1970’s. 私のゴッドファーザーのレンゾ。左:フォルテデイマルミの海辺で。	
右:'70年代のセントラレルパークで散歩している。

My godfather, Renzo. At left on the beach in Forte dei Marmi and at right in Central Park in the late 1970’s. 私のゴッドファーザーのレンゾ。左:フォルテデイマルミの海辺で。 右:'70年代のセントラレルパークで散歩している。

My mother as a young apprentice in Florence in the 1960’s. 1960年代のフィレンツェにて。レンゾの弟子だった頃の、若かりし頃の母。

My mother as a young apprentice in Florence in the 1960’s. 1960年代のフィレンツェにて。レンゾの弟子だった頃の、若かりし頃の母。

My mother in front of the famed Procacci, in the early 1970’s.
1970年代、フィレンツェの有名なバー「プロカッチ」の店の前に佇む母。

My mother in front of the famed Procacci, in the early 1970’s. 1970年代、フィレンツェの有名なバー「プロカッチ」の店の前に佇む母。

My mother on Madison Ave. in the 1980s wearing the suit made by my Renzo’s tailor on the Ponte Vecchio.  
1980年代、NYのマディソンアベニューにて。母は、フィレンツェのポンテヴェッキオにあったレンゾ御用達のテーラーで作ったスーツを愛用した。

My mother on Madison Ave. in the 1980s wearing the suit made by my Renzo’s tailor on the Ponte Vecchio. 1980年代、NYのマディソンアベニューにて。母は、フィレンツェのポンテヴェッキオにあったレンゾ御用達のテーラーで作ったスーツを愛用した。

My mother and I in 2016. She is wearing her favorite suit made in Zegna cloth from the 1960’s.
2016年、母と私。母は1960年代のゼニアの生地で作ったお気に入りのスーツを着用。

My mother and I in 2016. She is wearing her favorite suit made in Zegna cloth from the 1960’s. 2016年、母と私。母は1960年代のゼニアの生地で作ったお気に入りのスーツを着用。

My father, Eliot Berry. 私の父、生前のエリオット・ベリー。

My father, Eliot Berry. 私の父、生前のエリオット・ベリー。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop