受け継がれる「装いの記憶」とは? ~The Permanence of Memory~【ベリーのNY通信 #1】

Facebook
Twitter

My mother apprenticed under Renzo in Florence for 5 years after college in the late 1960's, before coming to New York to start a restoration studio with him. While apprenticing, she often asked to be taken to his tailor on the Ponte Vecchio in lieu of a salary. My mother dressed in a way that was always contemporary yet classic. She would often wear just her jeans and an old sweatshirt with handsewn Polo moccasins, as her profession in paintings conservation required her to use harsh chemicals and solvents.

私の母は1960年代後半に大学を卒業した後、5年ほどフィレンツェでレンゾの弟子になるため修行しました。 その後ニューヨークに行って、レンゾと一緒に修復スタジオを設立しました。見習いの間、母はしばし給料の代わりに、ポンテヴェッキオにあるレンゾの仕立て屋に連れて行って欲しいと、お願いしていました。私の母はいつも、現代的でありながらクラシックな雰囲気のスタイルを好みました。彼女は絵画保護の専門職で、強い化学薬品や溶剤を使用する必要があったのので、ジーンズに古いスウェットシャツにポロの手縫いモカシン、といった装いをよくしていました。

What this influence from an early age taught me, is that clothing is not just a utilitarian uniform, as it was for my father. The bespoke Florentine influence from my mother and godfather taught me that clothing serves as an extension of our personality and imagination. These two principles are what inform my way of dressing today.

こうした幼少期の記憶が私に与えた影響は、洋服というのは、私の父もそうであったように、仕事のための制服だけではないということです。私は、母と祖父から「服を装うことは、その人のパーソナリティと、想像力の延長線上にある」ということを学びました。この2つの原則は、今日も、私の着こなし方を根本となっているのです。

My godfather, Renzo. At left on the beach in Forte dei Marmi and at right in Central Park in the late 1970’s. 私のゴッドファーザーのレンゾ。左:フォルテデイマルミの海辺で。	
右:'70年代のセントラレルパークで散歩している。

My godfather, Renzo. At left on the beach in Forte dei Marmi and at right in Central Park in the late 1970’s. 私のゴッドファーザーのレンゾ。左:フォルテデイマルミの海辺で。 右:'70年代のセントラレルパークで散歩している。

My mother as a young apprentice in Florence in the 1960’s. 1960年代のフィレンツェにて。レンゾの弟子だった頃の、若かりし頃の母。

My mother as a young apprentice in Florence in the 1960’s. 1960年代のフィレンツェにて。レンゾの弟子だった頃の、若かりし頃の母。

My mother in front of the famed Procacci, in the early 1970’s.
1970年代、フィレンツェの有名なバー「プロカッチ」の店の前に佇む母。

My mother in front of the famed Procacci, in the early 1970’s. 1970年代、フィレンツェの有名なバー「プロカッチ」の店の前に佇む母。

My mother on Madison Ave. in the 1980s wearing the suit made by my Renzo’s tailor on the Ponte Vecchio.  
1980年代、NYのマディソンアベニューにて。母は、フィレンツェのポンテヴェッキオにあったレンゾ御用達のテーラーで作ったスーツを愛用した。

My mother on Madison Ave. in the 1980s wearing the suit made by my Renzo’s tailor on the Ponte Vecchio. 1980年代、NYのマディソンアベニューにて。母は、フィレンツェのポンテヴェッキオにあったレンゾ御用達のテーラーで作ったスーツを愛用した。

My mother and I in 2016. She is wearing her favorite suit made in Zegna cloth from the 1960’s.
2016年、母と私。母は1960年代のゼニアの生地で作ったお気に入りのスーツを着用。

My mother and I in 2016. She is wearing her favorite suit made in Zegna cloth from the 1960’s. 2016年、母と私。母は1960年代のゼニアの生地で作ったお気に入りのスーツを着用。

My father, Eliot Berry. 私の父、生前のエリオット・ベリー。

My father, Eliot Berry. 私の父、生前のエリオット・ベリー。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

・・・
    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop