【腕利き職人スーパースター列伝】~vol.2~ 本格靴修理の先駆者/後編

Facebook
Twitter

「それまで靴修理という仕事にコンプレックスを感じたこともありました。まだまだ、街の修理店を見てもオシャレとは言い難いものでしたから。だからこそ、すごいお店を作ろうとの思いが強かったんです。当時のキラー通りはとてもイメージがよくて、入りたいけど、入りにくいような、かっこいいお店も多かったんです。そこを狙っての出店。シャンデリアやアンティーク家具、什器にこだわり、外観にできる限りお金をかけながら、自分も体を使って内装工事を手伝う。作業をしていると興味を持った道行く人が『なにができるんですか?』と聞いてくれて、靴修理店と答えると驚かれました。普通は工期が決まっていて慌ただしくお店が出来上がりますよね。でも、青山店はオープン日を決めずに海外から棚が届くのが一か月遅れても、それを待つような進め方でしたから、どんどんと作業期間は伸びて、結局完成までに3~4ヶ月かかりました」

青山店はオープンすると大きな反響を呼び、ユニオンワークスの売り上げは跳ね上がることに。ピーク時には受付を待つお客さんが店舗の外にまであふれて並ぶほどだった。この頃が高級靴ブームのピークだったと中川さんは振り返る。青山店では従来、積極的には引き受けていなかったレディスシューズの修理を本格的に始めたことで女性客も増えた。



コラム:中川さんの思い出写真館

創業当時の自宅兼工房。当初は一人で修理に対応していたため、寝る間もないほどの忙しさだった。

創業当時の自宅兼工房。当初は一人で修理に対応していたため、寝る間もないほどの忙しさだった。

渋谷の桜ヶ丘に店舗を構えてすぐの頃。こちらはいまもコアな靴愛好家が足しげく通う名店として健在。

渋谷の桜ヶ丘に店舗を構えてすぐの頃。こちらはいまもコアな靴愛好家が足しげく通う名店として健在。

渋谷店の後、神奈川県の川崎市に設けた工場はのちにベンチマークという名称の店舗としてリニューアル。

渋谷店の後、神奈川県の川崎市に設けた工場はのちにベンチマークという名称の店舗としてリニューアル。

写っているのは中川さんの奥さまとご長男。

写っているのは中川さんの奥さまとご長男。

英国でダヴテイルを製造していた工場の方と記念撮影。ダヴテイルとはヒールのゴムパーツで半月型ではなく、半月に台形の突起を持つ形状を言う。当時の日本ではダヴテイルが流通しておらず、当初、中川さんは普通のゴムのヒールをハンドカットしてダヴテイルの形に仕上げていたそうだ。

英国でダヴテイルを製造していた工場の方と記念撮影。ダヴテイルとはヒールのゴムパーツで半月型ではなく、半月に台形の突起を持つ形状を言う。当時の日本ではダヴテイルが流通しておらず、当初、中川さんは普通のゴムのヒールをハンドカットしてダヴテイルの形に仕上げていたそうだ。

黒いラバー部分がダヴテイル。ダヴは鳩のことで、鳩が飛んでいる姿に見えることから、この名がついたと言われている。ユニオンワークスのヒールの張替えでは、ダヴテイルも選ぶことが出来る。

黒いラバー部分がダヴテイル。ダヴは鳩のことで、鳩が飛んでいる姿に見えることから、この名がついたと言われている。ユニオンワークスのヒールの張替えでは、ダヴテイルも選ぶことが出来る。

「フォリオケース」<br>
マチ付きで、ある程度の書類を収めながらも、小脇に挟める厚みが絶妙だ。金具は真鍮を使用。素材はイングリッシュブライドルレザー。5万円

「フォリオケース」
マチ付きで、ある程度の書類を収めながらも、小脇に挟める厚みが絶妙だ。金具は真鍮を使用。素材はイングリッシュブライドルレザー。5万円

「ミュージックバッグ」<br>
イギリスの音楽学校の学生が楽譜を入れて持ち歩いたバッグが原型と言われ、スコア(楽譜)バッグとも呼ばれている。真鍮のバーを、もう一方のハンドルに引っかけることにより蓋を固定する独自の構造は必見。素材はイングリッシュブライドルレザー。5万5000円

「ミュージックバッグ」
イギリスの音楽学校の学生が楽譜を入れて持ち歩いたバッグが原型と言われ、スコア(楽譜)バッグとも呼ばれている。真鍮のバーを、もう一方のハンドルに引っかけることにより蓋を固定する独自の構造は必見。素材はイングリッシュブライドルレザー。5万5000円

「タンフォリオケース」<br>
小脇に抱えやすい4cmの厚みで開閉のしやすいシンプルな構造はビジネスシーンで活躍間違いなし。素材はイングリッシュブライドルレザー。4万円

「タンフォリオケース」
小脇に抱えやすい4cmの厚みで開閉のしやすいシンプルな構造はビジネスシーンで活躍間違いなし。素材はイングリッシュブライドルレザー。4万円

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.304月号

2019

VOL.304

9

・・・
    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop