オールデン

オールデンの歴史を知る

オールデンの歴史が幕を開けたのは1884年のこと。創業者のチャールズ・H・オールデンがマサチューセッツ州ミドルボロウに設立した靴工場は当初、おもにオーダー靴を生産していたが、1892年に工場を移転拡張し、勢力を拡大。1931年にはオールデン氏が引退し、経営はターロウ家が引き継ぐことになったが(現社長のアーサー・ターロウはその4代目)、'51年には医療用矯正靴の分野に進出するなど、さらなる成長を遂げていく。

快適さを追求して生まれた"実用性の美"こそがオールデンの魅力の源流だ

'50~'60年代に入ると、バリー、モディファイドなどといった傑作ラストが次々と完成する。そしてこのころから、ブルックス ブラザーズのローファーの生産を任されることになる。これをきっかけとして、日本にもオールデンの名が知れ渡ることになるのだが、ここでもうひとつ忘れてはならないのが、パリのカリスマバイヤー、ピエール・フルニエの存在だ。氏が'70年代にNYの医療用靴店で見つけたVチップを気に入り、自身のショップであるエミスフェールとのコラボ靴を製作。これにより、ローファーと並ぶ名作としてモディファイドラストのVチップが脚光を浴びるようになった。さらにマルセル・ラサンスやトム・ブラウンにも認められ、モードからクラシックまで、幅広い層に支持されるブランドになったのである。

上:ミドルボロウにある創業当初の工場と、草創期の従業員たち。130年を超えるオールデンの歴史はここから始まったのだ。
下左・右:過去に製作された広報用ポスター。靴作りの技術に対する矜持を窺わせる資料だ。
完成したばかりのVチップを取り上げた、'60年代のポスター。「一級の快適さ」と謳っているように、オールデンの履き心地に対するこだわりは創業当初から貫かれているものだ。

オールデンのポリシーは、"履き心地のよい、高品質な靴作り"。この理念自体は、ほかの本格靴メーカーにも共通する至極一般的なものだが、オールデンは履き心地の向上のために、モディファイドラストをはじめとする非常にユニークなラストを開発した。実用性を追求して生まれた独特の形状が、結果的にファッションアイコンとして服飾業界を魅了し、オールデンを米国靴の代表格にまで押し上げたのである。オールデンの魅力は究極の機能美であると言っても過言ではないのだ。

盟友ホーウィン社とオールデンの結束

今や世界にわずかしかないコードバンタンナー。そのひとつが、オールデンの供給元であるホーウィン社だ。オールデンとのつながりは非常に緊密で、'60年代後半~'70年代前半にコードバン需要が減り、生産中止の危機に陥った際、オールデンがコードバンを2年分買い取って救済したという逸話もある。オールデン=コードバンのイメージを支えるのは、両社の揺るぎない信頼関係にほかならない。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop