オールデン

履き込んでわかった名靴の真価、私の"思い出"オールデン

ファッション性だけでなく実用性でも虜になる

オールデンの定番として知られるタンカーブーツだが、実は血脇氏の強い要望で誕生した日本別注モデルだということをご存じだろうか。

ラコタ 代表取締役 血脇孝昌さん
'78年に渡米し、初のオールデンを入手。'91年にラコタを立ち上げ、国内輸入元の代表に。

「このブーツは1995年に発売したもので、私がいろいろと本国にリクエストを出して作った思い出深いモデルなんです。私が特に好きな木型のひとつがミリタリーラストなのですが、当時このラストを採用したモデルは外羽根プレーントウのオフィサーシューズしか存在せず、しかも素材はカーフのみでした。そこで、オールデンの顔であるシェルコードバンを使って、ミリタリーラストの新傑作を作ろう!と意気込んで、このモデルを別注したんです」

写真は誕生当初から18年間、血脇氏が愛用している一足。その魅力を氏はこう語る。

4540H
「タンカーブーツ」の名称でファンにはお馴染みの一足。小ぶりなヒールカップと緩やかに内側へカーブしたシェイプが特徴のミリタリーラストを採用。Uモカ&トウ中央部のハンドスキンステッチが存在感たっぷりだ。10万8150円

「ひと目でオールデンとわかるデザインや素材はご覧のとおりですが、履いて初めてわかるのは、武骨な外見と裏腹に履き心地が最高なこと。ミリタリーラストは第二次世界大戦時に開発された軍靴用ラストで、長時間履いて、歩き回っても疲れないよう設計された木型。その快適性は、これだけ重厚なデザインでも全く損なわれていません。返りのよいソールとも相まって足に馴染むのも意外と早く、実用性にも大変優れているんです。ファッションとしてはもちろん、歩くための"道具"としても最高。他の靴にはない、それがオールデンならではの魅力だと思います」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop