宮沢氷魚×RANGE ROVER EVOQUE 30歳、「ちょっと大人なTokyo Style」を考える(後編)

array(2) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1276081) ["id"]=> int(1276081) ["title"]=> string(22) "c_car_240606_evoque_07" ["filename"]=> string(26) "c_car_240606_evoque_07.jpg" ["filesize"]=> int(87348) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1276074/c_car_240606_evoque_07" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(1) "8" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "c_car_240606_evoque_07" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1276074) ["date"]=> string(19) "2024-06-04 06:36:05" ["modified"]=> string(19) "2024-06-04 06:36:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(18) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) ["1536x1536"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07.jpg" ["1536x1536-width"]=> int(750) ["1536x1536-height"]=> int(500) ["2048x2048"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_07.jpg" ["2048x2048-width"]=> int(750) ["2048x2048-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(297) "

プラグインハイブリッドタイプでは、80KW電動モーターとインジニウムガソリンエンジンとの両方のメリットを組み合わせたハイブリッドテクノロジーを搭載。平均的な1日の走行距離をEVモードだけで走行可能。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1276082) ["id"]=> int(1276082) ["title"]=> string(22) "c_car_240606_evoque_08" ["filename"]=> string(26) "c_car_240606_evoque_08.jpg" ["filesize"]=> int(106139) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08.jpg" ["link"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/archives/1276074/c_car_240606_evoque_08" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(1) "8" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(22) "c_car_240606_evoque_08" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1276074) ["date"]=> string(19) "2024-06-04 06:36:05" ["modified"]=> string(19) "2024-06-04 06:36:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(18) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) ["1536x1536"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08.jpg" ["1536x1536-width"]=> int(750) ["1536x1536-height"]=> int(500) ["2048x2048"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2024/06/c_car_240606_evoque_08.jpg" ["2048x2048-width"]=> int(750) ["2048x2048-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(203) "

シートには、ウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックを採用。環境にも配慮されている。

" } }

PR/ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社

ジャガー・ランドローバーのラグジュアリー・コンパクトSUV『レンジローバー イヴォーク』。昨年マイナーチェンジを経て、エクステリア、インテリアともに進化を遂げた。パワートレインも、ガソリン、ディーゼルのインジニウムエンジンに加え、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルもラインアップ。

都会的でスタイリッシュなライフスタイルに寄り添うこのクルマのキャンペーンアンバサダーに就任したのが俳優・宮沢氷魚さんだ。『レンジローバー イヴォーク』が掲げるテーマは「The City That Shaped Me」。宮沢さんにとって、自身を成長・形成してくれたフィールドが東京であり、東京は感性的な部分も形成してくれた場所。今回、『レンジローバー イヴォーク』に乗って、まだ見たことのない東京を求め、知的な刺激にみちた小さな冒険に出かける。後編では表参道にある古刹を訪ねる。

モダンに進化するTokyoのなかで日本の伝統に触れるドライブへ

『レンジローバー イヴォーク』のキャンペーンアンバサダーに就任した宮沢氷魚さん。30歳になったばかりの彼は、30代の自分の俳優としてのあり方をこう語る。

「演じる人物の発言や行動の理由付けをするのが役者の仕事でもあると思います。ですが、無理にいろんなルートを作って成立させるのではなく、その人物になり切ってしまえば、自然と出てくる言葉や行動がある。あえて準備をし過ぎず、その瞬間瞬間に起こっていることに対して、純粋に対応できるような演じ方が理想です。

カーディガン5万600円/ジョンス メドレー(リーミルズ エージェンシー) Tシャツ2万8600円(メゾン エ ヴォヤージュ) パンツ7万1500円、スカーフ3万3000円/以上ユーゲン(イデアス) 靴77万円/ジェイエムウエストン × メゾン エ ヴォヤージュ(メゾン エ ヴォヤージュ 麻布台ヒルズ店) ヴィンテージの時計25万8000円/チューダー(コンティニュエ エクストラ・スペース) ソックス〈スタイリスト私物〉

これまでは、ちゃんとできるか不安な役にも、経験として挑戦してきました。今は自分がやりたい役や、共感できるキャラクターが分かり始めています。現実とかけ離れたキャラクターを作り込むより、たわいない日常を自然体で過ごし、毎日を楽しみながら目の前で起きる出来事を受け入れ、素直にリアクションしていく。そういう人物を演じてみたい。30代ではそれを深め、純度を上げていきたいですね」

そんな『レンジローバー イヴォーク』の快適な空間に包まれて、今回宮沢氷魚さんが向かった先は、表参道にある善光寺。表参道の交差点にほど近く、国道246号からも境内が見える立地。

青山 善光寺は信州の名刹、善光寺の別院として、1601年、徳川家康に請願し谷中で開山と伝わる。1703年の大火で焼失後、現在の青山の地に再建。江戸時代には、青山界隈は善光寺の門前町として栄え、一帯には大名家の下屋敷もあったという。幕末には再び火災に遭い、大正期に再建されるも戦災で焼失。現在の伽藍は1974年に再建された。境内には、勝海舟の撰文による高野長英の碑や、人力車発明記念碑などがあり、本堂には、信州の善光寺と同じく、須弥壇の下に真っ暗な中を手探りで進み鍵に触れる戒壇巡りも設けられている。

「東京は、江戸時代から常に変わってきた歴史がありますよね。水害対策として治水工事が行われたり、土地を整備したり。首都になるタイミングや、関東大震災後、戦後にも新しい街づくりが行われている。東京って生命体のように変化したり、成長したり、逆に衰退したりすることを繰り返してきたと思うんです。最近はビルの建て替えもどんどん進んでいるし、流行やファッションの変化も激しい。それを楽しみたいと思う時期もあれば、今あるものを大事にしようと思う時期もある。ただ間違いなく言えるのは、そういう全部を含めて、刺激と魅力に溢れているのが東京なんじゃないでしょうか。渋谷、表参道、新宿あたりは普段の生活圏として親しんでいるエリア。しかし、そこからすぐの赤坂あたりへ仕事で出かけると、全く異なる空気を感じます。場所ごとに、異なる表情を持っているのも東京の魅力ですね

僕は神社仏閣を訪ねるのも好きなんですが、ちょっとした異空間というのか、訪れるだけでストレスや疲れを忘れ、自分をリセットできる場所を見つけた、という感じです。クルマを運転していれば、最先端テクノロジーのビルやカルチャー、オシャレな人たちやクルマも目にしますが、こういう昔から根付いている場所も東京の魅力だと再認識させられました。本当に知っているようで、知らない東京がまだまだあります。そんな場所を『レンジローバー イヴォーク』と共に発見していきたいですね」

「表参道にはよく来ていますし、ここに善光寺があることも知ってはいましたが、境内に足を踏み入れたのは初めてでした。246からすぐの場所なのに、街の喧騒とは無縁なゆったりとした空気が流れていますね」

宮沢氷魚さんが考えるドライビングとファッションの関係についても、聞いてみたい。

「行く場所によって、身に着けるものも考えます。ただドライブするだけだったら、リラックスできるジャージで乗ることもあれば、ちょっと遠出して美味しいものでも食べて帰ってくるなら、襟付きのシャツを着たり、ちょっといい靴を履いてみたり。

今回『菊池寛実記念 智美術館』を訪ねたときは、美術館の非日常の凛とした空気感に合わせてタイドアップスタイル。ですが、ニットタイを選べば、フォーマル感はありつつもカジュアルでもあり、仕事というよりもプライベートな時間の着こなしの気分になれますね。

善光寺でのコーディネートは、オフの日に朝起きてシャワーを浴びて、ゆっくりコーヒーでも淹れて、そのまま買い物がてら街へ出かけるくらいのテンション。結構オールマイティな服装かなと思います。」

「個人的にはシンプルなものや、オーガニックな素材のものが好きですね。カッチリし過ぎないで、動きやすく解放感を与えてくれる格好というのも、僕の中のテーマのひとつです。
『レンジローバー イヴォーク』にも、それに通じる雰囲気を感じています。スタイリッシュでありながら、型にはまらず、高級感はありつつもカジュアルな要素もたくさんあって、窮屈さが全くない。自分の気持ちと繋がってくれている、そんなクルマだから毎日乗って、毎日付き合いたくなりますね」

五感で楽しむドライブ体験を叶えるイヴォークの魅力とは?

撮影車両:RANGE ROVER EVOQUE AUTOBIOGRAPHY P300e (24MY) ボディーカラー:トライベッカブルー 価格:964万円 (25MY)

気負わずナチュラルに、しかし真摯に。彼自身のライフスタイルが、役にも自然と滲み始めている。 そんな宮沢氷魚さんのクルマとの付き合い方は?

「子供の頃から、父が運転する『ランドローバー・ディスカバリー』に親しんできました。だからSUVの目線の高さがスタンダードになっています。僕も運転が好きで、アメリカの大学に留学していたとき、冒険がしたくなって、1カ月ぐらいロードトリップに出かけたことがあるほど。

クルマの中では、何も考えず運転を楽しんでいるときもあれば、音楽を聴いたり、台詞を覚えたりすることもあります。ちょっと歌って、ストレスを発散することもありますね(笑)。クルマの中は、自分だけの場所にできる。

『レンジローバー イヴォーク』のインテリアは、快適で安らげますね。シートにはウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックが採用されています。インフォテインメントシステム『PiviPro』にスイッチ類も統合され、すっきりとシンプルに洗練されている。無駄なものが一つもないのに、すごく豊富な機能を備え、いろんな可能性を秘めています。空気清浄システムがオプションで用意されていることもいい。最新の安全機能『ドライバーアシスタンス』の搭載も安心感があります」

プラグインハイブリッドタイプが用意されていることも、注目したいポイントだ。

「シンプルに街乗りしたいときはEVモードでドライブできるし、ちょっと郊外まで冒険したいときには、インジニウムエンジンに切り替えることもできる。モニター操作一つで、いろんなクルマの表情が楽しめます。本当に飽きないクルマだと思います」

環境に配慮した設計でモダンラグジュアリーを体現するイヴォーク(写真2枚)

<p>プラグインハイブリッドタイプでは、80KW電動モーターとインジニウムガソリンエンジンとの両方のメリットを組み合わせたハイブリッドテクノロジーを搭載。平均的な1日の走行距離をEVモードだけで走行可能。</p>

プラグインハイブリッドタイプでは、80KW電動モーターとインジニウムガソリンエンジンとの両方のメリットを組み合わせたハイブリッドテクノロジーを搭載。平均的な1日の走行距離をEVモードだけで走行可能。

<p>シートには、ウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックを採用。環境にも配慮されている。</p>

シートには、ウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックを採用。環境にも配慮されている。

みやざわ・ひお 
1994年米国・カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ、東京で育つ。
2015年、第30回『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを受賞しモデルデビュー。
2017年、TBS系ドラマ『コウノドリ』第2シリーズで俳優デビュー。
以降、ドラマ『偽装不倫』、NHK連続テレビ小説『エール』、舞台『ピサロ』他、話題作に出演。
2020年公開の初主演映画『his』で、第30回日本映画批評家大賞新人男優賞をはじめ、数々の賞を受賞。
2022年、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』にレギュラー出演。映画『騙し絵の牙』で、第45回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。
2023年、映画『エゴイスト』で、アジア全域版アカデミー賞『第16回アジア・フィルム・アワード』助演男優賞を受賞。
2024年、レンジローバー イヴォークのキャンペーンアンバサダーに就任。
2025年のNHK大河ドラマ『べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~』への出演が決定している。

撮影=筒井義昭 スタイリング=庄 将司 ヘアメイク=吉田太郎 文=まつあみ靖

【問い合わせ先】リーミルズ エージェンシー TEL03-5784-1238 メゾン エ ボヤージュ TEL03-5797-8515 イデアス TEL03-6869-4279 コンティニュエ エクストラ・スペースTEL03-3792-8979

<p>プラグインハイブリッドタイプでは、80KW電動モーターとインジニウムガソリンエンジンとの両方のメリットを組み合わせたハイブリッドテクノロジーを搭載。平均的な1日の走行距離をEVモードだけで走行可能。</p>

プラグインハイブリッドタイプでは、80KW電動モーターとインジニウムガソリンエンジンとの両方のメリットを組み合わせたハイブリッドテクノロジーを搭載。平均的な1日の走行距離をEVモードだけで走行可能。

<p>シートには、ウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックを採用。環境にも配慮されている。</p>

シートには、ウルトラファブリックスのアニマルフリーレザーと、デンマークのクヴァドラ社製ファブリックを採用。環境にも配慮されている。

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop