4つのバリエーションで世界に挑む新型「クラウン」の全貌が明らかに!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
日本を代表するトヨタのフラッグシップ「クラウン」は4つのバリエーションで世界に挑む

グローバルモデルとして4つのバリエーションを用意

トヨタのフラッグシップモデル、クラウンが2022年7月にフルモデルチェンジ。16代目となる新型は、多様な価値観やライフスタイルに対応すべく4つのバリエーションがラインアップされている。

豊田章男社長
2022年7月のワールドプレミアで登壇した豊田章男社長。

発表前には一部でSUVになるのでは? と噂されていたクラウンだが、「クラウンの新しい時代を作る」べく、クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートの4つが登場している。

クラウン(クロスオーバー)
クラウン(クロスオーバー)。左右一直線につながるヘッドランプとテールランプも特徴的。

第1弾として登場するのが、セダンとSUVのメリットを融合しハイブリッドを採用する「クロスオーバー」。その走りは“セダンを超えたセダン”と謳われる。

クラウン(スポーツ)
運転しやすいパッケージをもち、スポーティな走りが楽しめるというクラウン(スポーツ)。

新しい形のSUVとして登場した、走りが楽しめる「スポーツ」。

クラウン(セダン)
新たなフォーマルの表現として登場する正統派セダンのクラウン(セダン)。

正統派セダンとして新たなフォーマルを表現したという「セダン」。ショーファーのニーズにも対応し、上質さと快適さが追求された。

クラウン(エステート)
ステーションワゴンとSUVのクロスオーバーモデル、クラウン(エステート)。

そして、機能的なSUVとして大人の雰囲気で余裕ある走りをみせる性能を備えた「エステート」。ステーションワゴンとSUVのクロスオーバーモデルとして、アクティブライフも楽しめるという。

さらに、ほぼ国内専用モデルであり続けたクラウンが、ついにグローバルモデルとなった。新型は約40の国と地域で販売され、シリーズ販売台数を年間20万台規模にまで伸ばした。国内では、まずクロスオーバーを2022年秋頃に発売、約1年半をかけ順次登場させるという。また、サブスクリプションサービス(KINTO)も取り扱いが開始されるそうなので、所有方法が選べるようになっていることもポイントだ。

クラウン初代モデル
ワールドプレミアの会場には15代すべてのクラウンが展示された。こちらが、前輪ダブルウィッシュボーンサスペンションをはじめ当時の最新技術が注ぎ込まれたという初代モデル。
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.335

Autumn

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop