「安定して最大限に飛ばしたいならコレ!」ヤマハのアスリート向け高慣性モーメントドライバー

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目クラブやシャフトを試打計測。気になる性能を徹底レビュー!

ヤマハ RMX VD ドライバー/ YAMAHA RMX VD DRIVER
【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.138】

すっきりした見た目のヘッドなのに
ヘッドがブレづらく、ボールスピードも速い!

ヤマハ RMX VD ドライバー

対談_鶴原弘高さん ライター・ツルハラ(以下、鶴原) 奥嶋プロには以前に「RMX VD59 ドライバー」を試打してもらいましたが、今回は兄弟モデル「RMX VD ドライバー」を試打してもらいます。どちらかというと「RMX VD59 ドライバー」はアベレージ向けモデルでしたが、こちらはヘッドスピードが速いゴルファーやアスリート寄りのモデルとして位置付けられています。


対談_奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ(以下、奥嶋) 「RMX VD59 ドライバー」は、ヘッドがものすごく大きく見えて、曲がりづらくて好感触のモデルでした。それに比べると、こちらの「RMX VD ドライバー」はすっきりしたヘッド形状。ボールの後ろにポンとヘッドを置くと、「あ、小さいな」って思ってしまいます(笑)。けれど、すんなりフェースがターゲットに向いてくれます。すごい構えやすい。


ヤマハ RMX VD ドライバー
試打クラブのロフト角は10.5度。シャフトはカスタム装着の「Diamana PD 50」のフレックスS

対談_鶴原弘高さん 鶴原 構えてみると、ヤマハらしいヘッド形状の作り込みの良さを感じますよね。この「RMX VD ドライバー」も高慣性モーメント設計になっているのが特徴で、小ぶりに見えるヘッドなのに慣性モーメント値は5003g・㎠という大きな数値を達成しています。要するに直進安定性を高めたドライバーなんです。


対談_奥嶋誠昭さん 奥嶋 「RMX VD ドライバー」にも移動式のウェイトが搭載されているんですね。ソール側から見ると以前に試打した「RMX VD59 ドライバー」とよく似ています。


カーボン素材のクラウン
クラウン部分が軽量のカーボン素材になったことで余剰重量が生まれ、その重量がレール移動式の20gウェイトとして使われている

対談_鶴原弘高さん 鶴原 このウェイトを任意に動かして設定することで、球のつかまり具合をゴルファーに合わせて調整できるようになっています。では、そろそろ打ってみましょうか。今回も2パターンのヘッドスピードで試打をお願いしますね。


対談_奥嶋誠昭さん 奥嶋 了解でございます。では、いきますよ。おりゃ!


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

VOL.334

Summer

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop