1枚で映える「休日ストライプシャツ」は、こんなタイプ!

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

徐々に気温も高まり、できればジャケットを羽織らずに過ごしたい日も多くなるだろう。しかし、「シャツイチ」の着こなしはどこか心許ないのも事実。そこで欲しいのが、一枚でコーデが様になる主役顔なシャツ。大柄、表情豊かなシャツなどが狙いどころだ。

見慣れているようでちょっと違う
【太ストライプ】

オンオフ共にお馴染みのストライプだが、今シーズンは太ストライプがトレンドとなっている。それも、ボールドストライプだけでなく、線幅は細くピッチ間隔が広いストライプなど、とかく主張の強さが要点となる。

太ストライプシャツ

無地で心許なければいっそ明るい色柄を楽しもう

A. PALE COLOR
太ストライプでも印象が控えめなペールトーン。なかでもピンクはより柔らかな雰囲気だ。パンツは濃い色で締めると美しいコントラストに。

B. MULTI COLOR
簡単に主張を強めるなら、華やかさも一段と増すこんな多色使いを。反対色を控えたマルチカラーなら、不慣れな人でも着こなしやすいはず。

C. VIVID COLOR
初夏の気分にぴったりな、ビビッドカラー。今シーズンは定番のブルー系だけでなく、レッドやイエローなど暖色も豊富ゆえトライしてみては。

【PALE COLOR】
GUY ROVER / ギ ローバー

GUY ROVERのシャツ
シャツ2万1000円(エリオポールメンズ代官山)デニム5万7000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン GINZA SIX)靴2万円/メゾン キツネ(メゾン キツネ カスタマーセンター)時計51万円/IWC(IWC)

一見すると柔和な印象。しかし細部には遊び心が

透明感と清涼感が漂う、淡いピンクと白のストライプ。ソフトな台襟と共に、心地よい休日コーデを演出する。剣ボロには銀糸でエンブレムを刺繍。そんなさりげない遊びも、デニムとのラフなコーデを味付け。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Spring/Summer VOL.321

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop