【スーツの着回し1週間チャレンジ!】⇒ラ ガゼッタ 1987編は11月26日〜12月2日の7日間

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
【スーツの着回し1週間チャレンジ!】⇒ラ ガゼッタ 1987編は11月26日〜12月2日の7日間

スーツ+αの全23アイテムを着回しながら、1週間でどれだけイメージを変えられるかチャレンジ!

限られたワードローブをいかに効率的に活用して着回せるかを人気ショップと考えるシリーズ企画。今回は青山を本拠とするセレクトショップ「ラ ガゼッタ 1987」のプレス、佐々木皓哉さんが指南。まずは佐々木さんがピックアップしたワードローブをご紹介しよう。定番のイタリアブランドを基軸に、知る人ぞ知る隠れ名品も盛り込んでスパイスとしているのに注目。これらを着回して1週間コーディネートを作っていくが、その前に各アイテムの詳細を解説しよう。

着回す23アイテム一覧
<b>1.サンタニエッロのパッカブルスーツ</b><br />付属のポーチに畳んで収納できるパッカブル仕様やストレッチ、耐シワ性といった機能を備えた一着。一方で見た目は機能系スーツにありがちなカジュアル顔とは一線を画し、しっかりドレスな佇まいを実現しているのもポイント。一見グレー無地に見えるが同系色のマイクロストライプが走り、汎用性がありつつ単調にならない柄行きだ。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

1.サンタニエッロのパッカブルスーツ
付属のポーチに畳んで収納できるパッカブル仕様やストレッチ、耐シワ性といった機能を備えた一着。一方で見た目は機能系スーツにありがちなカジュアル顔とは一線を画し、しっかりドレスな佇まいを実現しているのもポイント。一見グレー無地に見えるが同系色のマイクロストライプが走り、汎用性がありつつ単調にならない柄行きだ。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>2.サンタニエッロのダブルジャケット</b><br />南伊サレルノの工房で作られる本格仕立て「サルトリアーレ」シリーズのウールジャケット。キャメルカラーの美しい発色と、凹凸のはっきりした畝が並ぶ生地感が特徴的だ。カーブした胸ポケットや肩口にギャザーを寄せた雨降らし袖など南イタリア的な仕立てを基調としつつ、狭めのボタン間隔や小ぶりなラペルなどクリーンな表情も併せ持っている。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

2.サンタニエッロのダブルジャケット
南伊サレルノの工房で作られる本格仕立て「サルトリアーレ」シリーズのウールジャケット。キャメルカラーの美しい発色と、凹凸のはっきりした畝が並ぶ生地感が特徴的だ。カーブした胸ポケットや肩口にギャザーを寄せた雨降らし袖など南イタリア的な仕立てを基調としつつ、狭めのボタン間隔や小ぶりなラペルなどクリーンな表情も併せ持っている。7万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>3.エルネストのヘリンボーン柄ジャケット</b><br />ブルーとブラウンが浮かぶ複雑な表情のヘリンボーン織り。ベーシックな紺ジャケのように着回せて、素材でさりげなく個性を演出できる一着だ。ツイードのような生地だが着心地は非常に軽く、カーディガンを羽織っているような感覚。見た目にも大変軽快で、オンオフ問わず活用できるのが便利だ。12万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

3.エルネストのヘリンボーン柄ジャケット
ブルーとブラウンが浮かぶ複雑な表情のヘリンボーン織り。ベーシックな紺ジャケのように着回せて、素材でさりげなく個性を演出できる一着だ。ツイードのような生地だが着心地は非常に軽く、カーディガンを羽織っているような感覚。見た目にも大変軽快で、オンオフ問わず活用できるのが便利だ。12万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>4.サンタニエッロのダブルコート</b><br />アルパカ60%+ウール40%による柔らかな肌触りが魅力の一着。ダブルブレストだがスポーティなパッチポケット仕様で、着丈も短めのため、いかめしい印象にならずカジュアル使いしてもサマになる。身頃裏には中綿入りのキルトライニングが装着されていて、ニットの上にさらりと羽織るだけで十分暖かい。9万7000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

4.サンタニエッロのダブルコート
アルパカ60%+ウール40%による柔らかな肌触りが魅力の一着。ダブルブレストだがスポーティなパッチポケット仕様で、着丈も短めのため、いかめしい印象にならずカジュアル使いしてもサマになる。身頃裏には中綿入りのキルトライニングが装着されていて、ニットの上にさらりと羽織るだけで十分暖かい。9万7000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>5.チンクワンタのムートンダッフルコート</b><br />ラグジュアリーなムートン素材で仕立てた、今季トレンドのダッフルコート。素材のクラス感と膝下まであるロング丈で、ドレッシーなアイテムとも相性よし。ムートンは保温性だけでなく吸湿・放湿性にも優れ、暖かいのにムレにくい快適素材。フード裏やターンナップした袖先から覗く羊毛がアクセントとして効いている。27万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

5.チンクワンタのムートンダッフルコート
ラグジュアリーなムートン素材で仕立てた、今季トレンドのダッフルコート。素材のクラス感と膝下まであるロング丈で、ドレッシーなアイテムとも相性よし。ムートンは保温性だけでなく吸湿・放湿性にも優れ、暖かいのにムレにくい快適素材。フード裏やターンナップした袖先から覗く羊毛がアクセントとして効いている。27万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>6.サルヴァトーレ ピッコロのオーバーシャツ</b><br />トラッドな金茶のコーデュロイ素材で作られたこちらは、ブルゾンやジャケットの感覚で羽織れるオーバーシャツ。ナポリの有名ドレスシャツブランドが手掛けただけあり、カジュアル顔ながらシルエットは非常にエレガント。シンプルにニットを合わせてもいいし、インナーにシャツ&タイを合わせて着るのも粋だ。4万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

6.サルヴァトーレ ピッコロのオーバーシャツ
トラッドな金茶のコーデュロイ素材で作られたこちらは、ブルゾンやジャケットの感覚で羽織れるオーバーシャツ。ナポリの有名ドレスシャツブランドが手掛けただけあり、カジュアル顔ながらシルエットは非常にエレガント。シンプルにニットを合わせてもいいし、インナーにシャツ&タイを合わせて着るのも粋だ。4万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>7.ジャンパオロのストライプシャツ</b><br />ラ ガゼッタ1987でロングセラーを誇るイタリアのシャツブランド。こちらは同店別注仕様で、背ダーツをなくしてゆったりとしたボディに仕上げているのがポイントだ。サラリとした肌触りの平織りコットン素材で、白地にブルーとブラウンの2色のストライプが重なって走る爽やかな柄がビジネスシーンで好印象。2万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

7.ジャンパオロのストライプシャツ
ラ ガゼッタ1987でロングセラーを誇るイタリアのシャツブランド。こちらは同店別注仕様で、背ダーツをなくしてゆったりとしたボディに仕上げているのがポイントだ。サラリとした肌触りの平織りコットン素材で、白地にブルーとブラウンの2色のストライプが重なって走る爽やかな柄がビジネスシーンで好印象。2万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>8.バルバのタブカラーシャツ</b><br />ナポリの大人気シャツブランドからセレクト。ベーシックな白無地だが素材はヘリンボーン織りで、柔らかなタッチのコットンを採用。王道に見えてよく見るとヒネリのある玄人好みの一着だ。襟は襟羽根が長めのタブカラー。首元をキリッと引き締めつつ、独特の優雅な印象も演出できる。厚めの貝ボタンがナポリらしい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

8.バルバのタブカラーシャツ
ナポリの大人気シャツブランドからセレクト。ベーシックな白無地だが素材はヘリンボーン織りで、柔らかなタッチのコットンを採用。王道に見えてよく見るとヒネリのある玄人好みの一着だ。襟は襟羽根が長めのタブカラー。首元をキリッと引き締めつつ、独特の優雅な印象も演出できる。厚めの貝ボタンがナポリらしい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>9.サルヴァトーレ ピッコロのプリント柄シャツ</b><br />コットンポプリンに細かなジオメトリック柄をプリントした、レトロ調な表情がユニークな一枚。仕立てはドレスだが、あえて胸ポケットを付けることでカジュアルな雰囲気をプラスしている。タイドアップしてもノータイでも使いやすいアイテムだ。ベージュがかったボタンもレトロな印象。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

9.サルヴァトーレ ピッコロのプリント柄シャツ
コットンポプリンに細かなジオメトリック柄をプリントした、レトロ調な表情がユニークな一枚。仕立てはドレスだが、あえて胸ポケットを付けることでカジュアルな雰囲気をプラスしている。タイドアップしてもノータイでも使いやすいアイテムだ。ベージュがかったボタンもレトロな印象。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>10.ステファノ ビジのストライプタイ</b><br />大剣を9.5cmの太幅に設定し、裏地を省いてハンドロール仕上げにしたラ ガゼッタ1987の別注タイ。深くエレガントなディンプルができ、胸元にボリュームが生まれるユニークな一本だ。グレー・ボルドー・ブルーの3色を用いた太幅ストライプだが、全体的に抑えた発色のため悪目立ちせず使いやすい。1万8000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

10.ステファノ ビジのストライプタイ
大剣を9.5cmの太幅に設定し、裏地を省いてハンドロール仕上げにしたラ ガゼッタ1987の別注タイ。深くエレガントなディンプルができ、胸元にボリュームが生まれるユニークな一本だ。グレー・ボルドー・ブルーの3色を用いた太幅ストライプだが、全体的に抑えた発色のため悪目立ちせず使いやすい。1万8000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>11.サルヴァトーレ ピッコロのストライプタイ</b><br />ウール・シルク・コットン三者混素材によるストライプタイ。ブラウン、オレンジ、イエローといった暖色を用いた柄はヴィンテージ調な趣。渋さのあるVゾーンを作りたいときにうってつけだ。大剣幅は7.5cmと細めで、裏地なしの仕立て。軽快感のある雰囲気も魅力だ。1万6000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

11.サルヴァトーレ ピッコロのストライプタイ
ウール・シルク・コットン三者混素材によるストライプタイ。ブラウン、オレンジ、イエローといった暖色を用いた柄はヴィンテージ調な趣。渋さのあるVゾーンを作りたいときにうってつけだ。大剣幅は7.5cmと細めで、裏地なしの仕立て。軽快感のある雰囲気も魅力だ。1万6000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>12.ステファノ ビジのストライプタイ</b><br />こちらも幅9.5cm&裏地なし仕様のラ ガゼッタ1987別注タイ。ウールシルクによる梨地調の素材は味わいのある風合いで、Vゾーンに奥行きを与えてくれる。かすれたような渋い発色も合わせやすいポイントだ。1万8000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

12.ステファノ ビジのストライプタイ
こちらも幅9.5cm&裏地なし仕様のラ ガゼッタ1987別注タイ。ウールシルクによる梨地調の素材は味わいのある風合いで、Vゾーンに奥行きを与えてくれる。かすれたような渋い発色も合わせやすいポイントだ。1万8000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>13.ドルモアのボルドーニット</b><br />渋さと色気を兼ね備えたボルドーが印象的。ジャケットの下にも着られるミドルゲージのタートルネックは、持っていると非常に便利なアイテムだ。セミドルマンスリーブの仕立てにより肩回りに適度なゆとりが生まれ、着心地もシルエットも◎な一着。3万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

13.ドルモアのボルドーニット
渋さと色気を兼ね備えたボルドーが印象的。ジャケットの下にも着られるミドルゲージのタートルネックは、持っていると非常に便利なアイテムだ。セミドルマンスリーブの仕立てにより肩回りに適度なゆとりが生まれ、着心地もシルエットも◎な一着。3万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>14.ザニエリのイエローニット</b><br />イタリア・ペルージャでカシミア生地メーカーとして創業したザニエリは、知名度こそ高くないものの非常に優れた品質を誇る隠れた名門だ。差し色に便利なイエローのタートルニットも、鮮やかながら上品な印象を保ち、大人っぽいスタイルを築いてくれる一着。ネイビーやグレーなどベーシックカラーのアイテムとも相性抜群だ。2万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

14.ザニエリのイエローニット
イタリア・ペルージャでカシミア生地メーカーとして創業したザニエリは、知名度こそ高くないものの非常に優れた品質を誇る隠れた名門だ。差し色に便利なイエローのタートルニットも、鮮やかながら上品な印象を保ち、大人っぽいスタイルを築いてくれる一着。ネイビーやグレーなどベーシックカラーのアイテムとも相性抜群だ。2万9000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>15.サンタニエッロのウールパンツ</b><br />どんな色のトップスにも合わせやすいミディアムグレーのドレスパンツ。ウールにポリエステル、ポリウレタンがミックスされ、耐シワ性とストレッチ性を備えている。ノープリーツでシルエットは細身。クセのないルックスが着回しに最適だ。ちなみにサンタニエッロはジャケットだけでなくパンツも自社工場にて生産。そのためクオリティにも定評がある。2万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

15.サンタニエッロのウールパンツ
どんな色のトップスにも合わせやすいミディアムグレーのドレスパンツ。ウールにポリエステル、ポリウレタンがミックスされ、耐シワ性とストレッチ性を備えている。ノープリーツでシルエットは細身。クセのないルックスが着回しに最適だ。ちなみにサンタニエッロはジャケットだけでなくパンツも自社工場にて生産。そのためクオリティにも定評がある。2万4000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>16.サンタニエッロのホワイトパンツ</b><br />イタリアで350年以上の歴史を誇るヴィターレ・バルベリス・カノニコ社の紡毛ウールを使用。こちらは2インプリーツ&ベルトレスで、英国トラッドな趣の色濃い一本だ。クラシックスポーツを思わせるホワイトウールパンツは、温かみがありつつ気品にあふれた印象。股上浅め、裾幅細めのシルエットで、懐古的に見えないのもいい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

16.サンタニエッロのホワイトパンツ
イタリアで350年以上の歴史を誇るヴィターレ・バルベリス・カノニコ社の紡毛ウールを使用。こちらは2インプリーツ&ベルトレスで、英国トラッドな趣の色濃い一本だ。クラシックスポーツを思わせるホワイトウールパンツは、温かみがありつつ気品にあふれた印象。股上浅め、裾幅細めのシルエットで、懐古的に見えないのもいい。3万1000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>17.サルヴァトーレ ピッコロのコーデュロイパンツ</b><br />6のオーバーシャツと同じ金茶のコーデュロイを使用したパンツ。2つ揃えればセットアップとしても活用できる。1プリーツで裾幅は22cmと、全体的にリラックスしたシルエットが特徴だが、ダボついて見えないのはパターンメイクの妙。テーラードジャケットに合わせてドレッシーにも着回せるのが嬉しい。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

17.サルヴァトーレ ピッコロのコーデュロイパンツ
6のオーバーシャツと同じ金茶のコーデュロイを使用したパンツ。2つ揃えればセットアップとしても活用できる。1プリーツで裾幅は22cmと、全体的にリラックスしたシルエットが特徴だが、ダボついて見えないのはパターンメイクの妙。テーラードジャケットに合わせてドレッシーにも着回せるのが嬉しい。3万2000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>18.アルトのオレンジホーズ</b><br />ビビッドなカラーホーズはラ ガゼッタ1987のアイコン的アイテムのひとつで、常に豊富な色バリエを揃えている。ミラノのソックスブランドによるこちらはドレッシーな薄手のリブ編みで、カジュアルなカラーソックスとは一味違った大人らしさが魅力。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店

18.アルトのオレンジホーズ
ビビッドなカラーホーズはラ ガゼッタ1987のアイコン的アイテムのひとつで、常に豊富な色バリエを揃えている。ミラノのソックスブランドによるこちらはドレッシーな薄手のリブ編みで、カジュアルなカラーソックスとは一味違った大人らしさが魅力。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店

<b>19.アルトのイエローホーズ</b><br />18の色違い。一見難しそうなビビッドイエローの靴下だが、ブラウン系の淡い色と非常に相性がよく、ボンヤリしがちな茶系コーデをピリッと引き締めてくれる。足元のスパイスとして持っておくと、意外と重宝するアイテムだ。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

19.アルトのイエローホーズ
18の色違い。一見難しそうなビビッドイエローの靴下だが、ブラウン系の淡い色と非常に相性がよく、ボンヤリしがちな茶系コーデをピリッと引き締めてくれる。足元のスパイスとして持っておくと、意外と重宝するアイテムだ。2300円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>20.コーギのボーダーソックス</b><br />こちらはカジュアルな厚手のコットンソックス。白×ベージュのボーダーに、波のような編み柄が入ったユニークな柄が印象的だ。コーギは英国王室御用達の由緒正しいブランド。そんな安心感と遊びのあるデザインとのマッチングが面白い。3900円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

20.コーギのボーダーソックス
こちらはカジュアルな厚手のコットンソックス。白×ベージュのボーダーに、波のような編み柄が入ったユニークな柄が印象的だ。コーギは英国王室御用達の由緒正しいブランド。そんな安心感と遊びのあるデザインとのマッチングが面白い。3900円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>21.ガヴォチ 1969のクオーターブローグ</b><br />セミブローグからトウのメダリオンを省いたクオーターブローグは、かしこまりすぎずくだけすぎないバランスで汎用性の高いデザイン。ガヴォチ 1969はイタリア・フェラーラに構える靴ブランドで、9分仕立てと呼ばれるビスポークに近い製法で仕立てられている。横幅が張り出しぎみながらトウ先を絞った独特のシェイプは英国靴にはない趣だ。13万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

21.ガヴォチ 1969のクオーターブローグ
セミブローグからトウのメダリオンを省いたクオーターブローグは、かしこまりすぎずくだけすぎないバランスで汎用性の高いデザイン。ガヴォチ 1969はイタリア・フェラーラに構える靴ブランドで、9分仕立てと呼ばれるビスポークに近い製法で仕立てられている。横幅が張り出しぎみながらトウ先を絞った独特のシェイプは英国靴にはない趣だ。13万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>22.フラテッリ ジャコメッティのセミブローグ</b><br />シェイプは細身のスクエアトウながら、登山靴に用いられるノルヴェジェーセ製法で仕立てられた個性派。素材はカントリーなグレインレザーで、エレガントなラストシェイプとのギャップが面白い。アウトソールはビブラム社の「タンクソール」と呼ばれる凹凸のあるラバー。11万3000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

22.フラテッリ ジャコメッティのセミブローグ
シェイプは細身のスクエアトウながら、登山靴に用いられるノルヴェジェーセ製法で仕立てられた個性派。素材はカントリーなグレインレザーで、エレガントなラストシェイプとのギャップが面白い。アウトソールはビブラム社の「タンクソール」と呼ばれる凹凸のあるラバー。11万3000円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

<b>23.フラテッリ ジャコメッティのタッセルローファー</b><br />プレーントウにつまみ縫いを施してU字のモカを象ったアッパーや、ヒールの継ぎ目を拝み縫いにした縫製など、独創的なデザインが光る一足。もはや通年定番と化したタッセルローファーだが、こんな一足なら周りと差をつけられる。ライニングを袋状に縫い合わせるボロネーゼ製法を採用しており、足を包み込むような履き心地も特徴だ。9万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

23.フラテッリ ジャコメッティのタッセルローファー
プレーントウにつまみ縫いを施してU字のモカを象ったアッパーや、ヒールの継ぎ目を拝み縫いにした縫製など、独創的なデザインが光る一足。もはや通年定番と化したタッセルローファーだが、こんな一足なら周りと差をつけられる。ライニングを袋状に縫い合わせるボロネーゼ製法を採用しており、足を包み込むような履き心地も特徴だ。9万円(ラ ガゼッタ 1987 青山店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Sep. VOL.325

9

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop