熊本お洒落人伝説、その謎に迫る【熊本復興応援ツーリングレポ】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加
熊本復興応援ツーリングレポ
ファッションディレクター 青柳光則さんによる、熊本復興応援ツーリングレポート

熊本はファッションの発進基地だ!!

第3話「熊本グルメ」の前文で「熊本の男たちはファッションや音楽に敏感で、当時新しいといわれたものが東京と同じ様なスピートで動くと聞き、取材に訪れた」と記したが、ではなぜ熊本の男たちはそんなにお洒落に敏感なのか。

今回はその謎に迫って参りたい。

筆者が初めて熊本市を訪れたのは1982〜3年の頃だから現在とはかなり状況が違う。そこで時計の針を戻すべく筆者がMEN’S EX本誌で連載していた「お洒落道場外伝」でお世話になった「BROOK」の西村店長と運営会社の(株)ベイブルックの八間川常務取締役、そして前回紹介したテラスのプロデューサー「TRUST AND FEELING」の久保さんに当時の話を伺ってみた。

熊本復興応援ツーリングレポ
写真中央:「BROOK」西村店長、同左:「ベイブルック」八間川常務取締役、同右:「TRUST AND FEELING」久保貴資さん。


テラスの美味しい料理と生ワインをいただきながらの雑談は様々な方向へ飛び火して大爆笑だったが、どうやらこのお洒落伝説には熊本っ子ならではのふたつの気質が関係している事がわかった。

モデナの怪人こと「Gabriele Pasini」 のスリーピーススーツ。ジャカード×ストライプとエッジの効いた素材使いがポイント。

モデナの怪人こと「Gabriele Pasini」 のスリーピーススーツ。ジャカード×ストライプとエッジの効いた素材使いがポイント。

人気が高い EMMETI のレザー。この春は上質なスエード素材に注目。デザインはGジャン型が新鮮だ。

人気が高い EMMETI のレザー。この春は上質なスエード素材に注目。デザインはGジャン型が新鮮だ。

Brookカスタムオーダーのスーツ。素材は伊ナポリの生地商「Cacciopolli」社からベージュのギャバジンをチョイス。

Brookカスタムオーダーのスーツ。素材は伊ナポリの生地商「Cacciopolli」社からベージュのギャバジンをチョイス。

こちらもBrookカスタムオーダーのスーツ。生地は、伊のマーチャント「DRAPERS」社のローリー・サジェスチョンと呼ばれるシーズン限定の素材を使用。

こちらもBrookカスタムオーダーのスーツ。生地は、伊のマーチャント「DRAPERS」社のローリー・サジェスチョンと呼ばれるシーズン限定の素材を使用。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop