ウォームビズに使えるラグジュアリーなニットジャケット - マロのスーパー180'sウールニットジャケット

Facebook
Twitter
title-01.jpg
[マロ] のスーパー180'sウールニットジャケット

161006_tu_maro_m.jpg 161006_tu_ouno_tanoue.jpg

必ずや愛用品となる上質を極めたこだわりと着心地
大野  長年M.E.で取り上げてきたイタリアンニットの最高峰であるマロ。何より、肌触りの良さ、着心地の軽さは、創業以来大切にしているこのブランドの哲学だね。
田上  光沢とハリのある生地ゆえに、ニットジャケットながら非常にカチッとした印象に見えます。
大野  付け加えるなら発色のよさも魅力。いいニットは発色に現れるからね。あとニットジャケットというとカジュアル要素の強いアイテムだけど、マロのこれは、上質感がストレートに伝わるのでウォームビズのジャケットスタイルにも対応してくれそう。
田上  そうですね。どうしてもラフなニットジャケットだとラペルが柔らかすぎてカジュアル感が否めません。ところがこれはラペルのカッティングもしっかりとしているので、多様化している今のビジネススタイルで活躍が期待できるアイテムだと思います。
大野  一言でいうならユーティリティの高いジャケットだね。モノ自体にしっかりとした品格があるから旅行先のレストランなどでもいいし、ゴルフ場への行き帰りなんかでも使いたい。
田上  とことんこだわった素材の高級感、そして飽きさせない着心地から、必ずや愛着が湧いてくると思います。

161006_tu_maro_01.jpg 絶妙なバランス感覚で仕上げたラペルライン
ラペルの幅やノッチの深さなど、絶妙なバランス感でデザインされている。しかもうっすらとだが、繊細なラペルステッチも施されていて、洒落た大人の品格を醸し出す。


161006_tu_maro_02.jpg 工夫を凝らしたショルダーホールド
写真を見ても分かるように、肩接ぎを後身頃に振り、胸の厚み、肩の丸みを確保。また腕の動きで肩ズレが起きないよう、特殊編みで工夫を凝らし、肩の変形を防いでいる。


161006_tu_maro_03.jpg ウール最高峰のスーパー180's使用
ウールの中でも最高峰と言われているソフトメリノ スーパー180'sを使用。細く軽い原毛を選りすぐり、光沢感や肌触りにこだわった糸を作り込み、ニットに編み立てている。


幅広いシーンで活躍するユーティリティさ
アンタイドで装うウォームビズスタイルや、出張の際の移動時など、カーディガン感覚で羽織れる。さらに上質な素材感と仕立てのよさで、きちんとした品位をキープしてくれるニットジャケット。その色も、ビジネスの場で最も安定感のあるネイビーなので、個性的なアイテムだが、違和感を与えず着用できる。19万円
[お問い合わせ先]
三崎商事
TEL:03-5775-1211
URL:http://www2.misaki.co.jp/


今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop