SHARE
Facebook
Twitter
Instagram
RSS
2017年 12月号

2017年 12月号

2017年11月06日発売

10年愛せる王道アウター

長く着たいから、価値ある1着を選ぼう

一気に寒さ到来のこれからの季節、1着はアウターを買い足したい。とはいえ決して安くはないから、買う前には悩む時間が必要だ。できれば単なる旬で終わらせず、これから10年先まで着たいところ。色、柄、素材、シルエットetc.吟味を重ねて、自身のスタイルに最良かつ長く愛せる1着とは―? 人気の王道ブランドから、飽きずに変わらずに廃れない、買いの1着について考える。

ウェルドレッサーの"お気に入り"から導いた「10年愛せるアウター」とは......?

毎年流行が変わっても、ワードローブの一軍として変わらず生き続けるアウターがある。ウェルドレッサーが長年愛用する1着を拝見しつつ、"愛せる"理由を探った。

スーツやジャケットの流行が変わっても飽きずに着続けられるのは「クラシックチェスター」で間違いない

相対的に値が張るコートは、長く着られるものを吟味したい。やはりクラシックなチェスターが最適だが、サルトリアルな背景とモダンな感性を兼備するイタリアブランドの一着なら、末長く新鮮に着こなせるはず。その魅力を、バイヤーやプレスの方々に聞いた。

王道アウターブランドからマイ定番を見極める

アウターには名品が多い。その理由は伝統あるブランドが長い歴史の中で培ってきた傑作が数多く存在するが故。だからこそ10年後も着られるマイ定番を手に入れよう。自分のスタイルを確立する指針となってくれるはずだ。

綿(Cotton)と革(Leather)は着続けるほど手放せなくなる

高級感と経年変化が魅力である天然素材のアウター。なかでもコットンとレザーは着込むたび風合いと愛着が深まり、手放せない自分だけの一着となるのだ。

休日の腕にG-SHOCK、そのとき服はどうする?
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

WHAT’S NEW

Instagram

SNAP

着こなしスナップ

2017年AUG.VOL 284月号

12

2017

AUG.VOL 284

  • 長く着たいから、価値ある一着を選ぼう

    10年愛せる王道アウター

  • 目的×予算で考える!

    「センスのいいギフト」の選び方

  • ウェアも、ギアも、楽しみ方も進化している!

    今冬こそ、またスキーを始めませんか?

はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』
本格靴辞典
みんなのInstagram
365日Vゾーン
今月の読者プレゼント

pagetop