この秋、着回しに重宝するチェックジャケットは?

Facebook
Twitter

スーツの着回し1週間チャレンジ!/エストネーション編#3

クールビズはまだ続くが、秋冬ものが立ち上がる今こそ、新調するスーツやジャケットの目星をつけておきたいところ。そこで今回の着回し企画では「エストネーション」のPR佐藤浩貴さんが、大人にふさわしい秋の着こなしを指南。オンにもオフにも活用できる同店らしいアイテムを取り入れながら、今季らしい着こなしを提案してくれた。エストネーション編は9月9日(月)~9月15日(日)の1週間、毎日更新予定だ(使用する全22アイテムは、こちらを参照

fashion_190901_estnation_wed_01.jpg

トレンド感もお洒落感も両取りできるチェックジャケットは、ジャケパンスタイルの救世主

秋らしさを呼び込めるチェックのジャケット。羽織るだけでお洒落感を出せる点も、柄ジャケットの魅力だ。

「気負わないミーティングなどにおすすめのコーディネートです。ベージュのチェックジャケットとオフホワイトのコットンパンツは、ともに休日のきれいめカジュアルにも着回せる程良いきちんと感。ビジネスシーンで着用する際は、ネクタイを結んで格上げすることをおすすめします。ネクタイとシャツは、茶系のジャケットによく似合うブルー系を選択しました」(エストネーションPR 佐藤浩貴さん)

下の22アイテムの中から......

使用アイテムリスト
<b>3.スティレ ラティーノのチェックジャケット</b><br />250年以上の歴史がある英国のテキスタイルブランド、ジョシュア・エリスの上質なカシミアで仕立てたチェックジャケット。シャツに羽織って仕事にはもちろん、タートルネックやデニムに合わせて、カジュアルに着こなしても決まる勝負ジャケットだ。33万円(エストネーション)

3.スティレ ラティーノのチェックジャケット
250年以上の歴史がある英国のテキスタイルブランド、ジョシュア・エリスの上質なカシミアで仕立てたチェックジャケット。シャツに羽織って仕事にはもちろん、タートルネックやデニムに合わせて、カジュアルに着こなしても決まる勝負ジャケットだ。33万円(エストネーション)

<b>5.バグッタのブルーシャツ</b><br />ベーシックなサックスブルーの無地シャツ。こうしたヘビーローテーション確実なシンプルシャツは消耗しがちなので、1シーズンに1枚は新調しておきたい。2万9000円(エストネーション)

5.バグッタのブルーシャツ
ベーシックなサックスブルーの無地シャツ。こうしたヘビーローテーション確実なシンプルシャツは消耗しがちなので、1シーズンに1枚は新調しておきたい。2万9000円(エストネーション)

<b>8.アット ヴァンヌッチのネイビーネクタイ</b><br />7と同じイタリアブランド。ストライプに見えるのは実は花柄。ありきたりな紺無地ネクタイや紺ストライプネクタイとは、一線を画す洒落感だ。2万7000円(エストネーション)

8.アット ヴァンヌッチのネイビーネクタイ
7と同じイタリアブランド。ストライプに見えるのは実は花柄。ありきたりな紺無地ネクタイや紺ストライプネクタイとは、一線を画す洒落感だ。2万7000円(エストネーション)

<b>14.PT01のホワイトパンツ</b><br />白のコットンパンツは、オン・オフ両用できるパンツの代表格。オンならジャケパンスタイルに、オフなら15や16のブルゾンとも好相性。こちらはストレッチが利いたコットンパンツなので、座ったり歩いたりもラクチン。3万4000円(エストネーション)

14.PT01のホワイトパンツ
白のコットンパンツは、オン・オフ両用できるパンツの代表格。オンならジャケパンスタイルに、オフなら15や16のブルゾンとも好相性。こちらはストレッチが利いたコットンパンツなので、座ったり歩いたりもラクチン。3万4000円(エストネーション)

<b>17.クルーツ×エストネーションのドキュメントケース</b><br />狩猟用のバッグからスタートした英国ブランド。英国らしい無骨なブライドルレザーで別注したマチなしのドキュメントケースは、財布や携帯電話など必要最小限のものが入るサイズ感。ランチやパーティなどで重宝しそうだ。縦22×横30cm。3万円(エストネーション)

17.クルーツ×エストネーションのドキュメントケース
狩猟用のバッグからスタートした英国ブランド。英国らしい無骨なブライドルレザーで別注したマチなしのドキュメントケースは、財布や携帯電話など必要最小限のものが入るサイズ感。ランチやパーティなどで重宝しそうだ。縦22×横30cm。3万円(エストネーション)

<b>22.エンツォ ボナフェのモンクストラップシューズ</b><br />イタリアのア・テストーニ出身の職人が立ち上げた、ヨーロッパ各国のエグゼクティブに愛用されるブランド。装飾が施された珍しいモンクストラップシューズは、黒靴のバリエーションとして備えておくとコーディネートの幅が広がる。12万5000円(エストネーション)

22.エンツォ ボナフェのモンクストラップシューズ
イタリアのア・テストーニ出身の職人が立ち上げた、ヨーロッパ各国のエグゼクティブに愛用されるブランド。装飾が施された珍しいモンクストラップシューズは、黒靴のバリエーションとして備えておくとコーディネートの幅が広がる。12万5000円(エストネーション)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.305月号

2019

VOL.305

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop