新型「ポルシェ911」発表会に、ポルシェジャパン社長はどんな装い戦略で臨んだか?

Facebook
Twitter

sponsored

ポルシェ911発表会
ポルシェジャパン 代表取締役社長
七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)さん

1958年生まれ。一橋大学卒業後に銀行へ就職するが、大のクルマ好きも手伝って1989年にメルセデス・ベンツ日本へ転職。その後クライスラー日本の代表取締役兼CEOなどを経て2014年よりポルシェジャパン 代表取締役社長に。就任3年で販売台数を4割以上伸ばすなど同社の躍進を牽引する。ファッション好きでも知られ、エルメスのバッグやバルバのシャツを愛用するほか、靴のコレクションは約300足を数えるほど。

5月28日、フルモデルチェンジされた新型ポルシェ「911」の日本初披露となる記者発表会が行われた。7年ぶりとなるニューモデルの詳細はすでに各メディアで報道されているとおりだが、当記事では少し視点を変えて、代表取締役社長 七五三木 敏幸氏のプレゼンテーション術についてご紹介したい。

インターナショナルな企業の日本トップに相応しく、ときに身振り手振りを加えながらの明快なプレゼンは大いに記者たちの注意と興味を引きつけるものだったが、その話術に加えて、実は服装にも極めて戦略的な意図が秘められていた。

「発表会で最も強く意識しているのは"どういったお客様にアピールするか"ということ。クルマにはそれぞれキャラクターがあり、それによって購入されるお客様の層も異なります。ですので、訴求すべきお客様から共感をいただけるよう、服装のテイストもクルマに合わせて変えているのです。たとえば昨年の新型『マカン』発表会では、コーデュロイのジャケットにウールのネクタイ、パンツはジャージー素材とあえてカジュアルな服装で臨みましたし、『カイエン』の発表会時にはネイビースーツで正統派にまとめました。『911』の場合は、オーセンティックでありながらも少しだけ艶気のある服装がイメージでしたね。911は夢を実現させ、社会で成功した人を象徴するクルマ。王道を知りつつ、魅力的な個性を輝かせる人のためのクルマです。そんなイメージを具現化するために、今回はファッションディレクターの森岡 弘さんを起用して服装を決めました。ぴったりのスタイリングをご提案いただいて、とても満足しています」

新型911の発表は朝&昼と夜に分けて行われたが、舞台装置や服装も昼と夜で変えるほどのこだわりぶり。次のページでは、その詳細をご紹介しよう。

<strong>広報部長 黒岩氏はメインスピーカーを引き立てる装い</strong><br />発表会の司会進行役を務める黒岩氏は、サポート役として他の登壇者を引き立てる装いを希望。とはいえ地味すぎても無粋という森岡氏のアドバイスにより、洒脱なライトグレーのスーツに白シャツで爽やかにまとめた。白黒を基調とした舞台にもよく映えている。

広報部長 黒岩氏はメインスピーカーを引き立てる装い
発表会の司会進行役を務める黒岩氏は、サポート役として他の登壇者を引き立てる装いを希望。とはいえ地味すぎても無粋という森岡氏のアドバイスにより、洒脱なライトグレーのスーツに白シャツで爽やかにまとめた。白黒を基調とした舞台にもよく映えている。

<strong>執行役員 マーケティング部長の山崎氏は上品&華やかに</strong><br />後出の山下氏とともに登壇し、新型911の概要を記者に説明した山崎氏も、昼と夜で装いをチェンジ。こちらは昼の服装で、ラベンダー色の軽やかなセットアップを着こなしている。晴れの場に相応しい華やかさとエレガンスを両立させた装いだ。優しいラベンダーカラーは、会場の「911」のピンク色の照明と美しくリンク。

執行役員 マーケティング部長の山崎氏は上品&華やかに
後出の山下氏とともに登壇し、新型911の概要を記者に説明した山崎氏も、昼と夜で装いをチェンジ。こちらは昼の服装で、ラベンダー色の軽やかなセットアップを着こなしている。晴れの場に相応しい華やかさとエレガンスを両立させた装いだ。優しいラベンダーカラーは、会場の「911」のピンク色の照明と美しくリンク。

<strong>AGエクステリアデザイナーの山下氏は軽快なノータイ姿で</strong><br />普段はドイツのポルシェ本社のデザイン部門に勤務している山下氏だが、今回の発表会のために来日し、山崎氏とともに新型911のデザインを詳細に解説した。オーセンティックなネイビースーツに白無地シャツをノータイで合わせた装いは、いかにもデザイナーらしく颯爽とした印象。あえて足元に明るめの茶靴を合わせて軽やかさをプラスしているのもポイントだ。

AGエクステリアデザイナーの山下氏は軽快なノータイ姿で
普段はドイツのポルシェ本社のデザイン部門に勤務している山下氏だが、今回の発表会のために来日し、山崎氏とともに新型911のデザインを詳細に解説した。オーセンティックなネイビースーツに白無地シャツをノータイで合わせた装いは、いかにもデザイナーらしく颯爽とした印象。あえて足元に明るめの茶靴を合わせて軽やかさをプラスしているのもポイントだ。

<strong>実は昼と夜の間にディテールをアップデート</strong><br />こちらは夜の部での黒岩氏。スタイリング自体は同じだが、森岡氏のアドバイスによりネクタイの結び方を変えている。昼はノット周りにボリュームの出る重厚感豊かなウィンザーノットだったが、夜はプレーンノットで結んでより華やかでキリッとした胸元に。縦長でシャープなノットにしたことで、長身のスラリとしたスタイルがより一層引き立った。

実は昼と夜の間にディテールをアップデート
こちらは夜の部での黒岩氏。スタイリング自体は同じだが、森岡氏のアドバイスによりネクタイの結び方を変えている。昼はノット周りにボリュームの出る重厚感豊かなウィンザーノットだったが、夜はプレーンノットで結んでより華やかでキリッとした胸元に。縦長でシャープなノットにしたことで、長身のスラリとしたスタイルがより一層引き立った。

<strong>山崎氏は夜に衣装替え</strong><br />夜の部の山崎氏。昼にはセットアップをチョイスしていたが、夜はふんわりとドレープが効いたワンピースの装いを選び、よりフォーマルさと華やかさを加えた。ピンク~パープルのストライプの色使いも、会場のピンク色の照明と完璧にリンク。

山崎氏は夜に衣装替え
夜の部の山崎氏。昼にはセットアップをチョイスしていたが、夜はふんわりとドレープが効いたワンピースの装いを選び、よりフォーマルさと華やかさを加えた。ピンク~パープルのストライプの色使いも、会場のピンク色の照明と完璧にリンク。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop