「男を磨くのにこれ以上ない服。」――歴代の洒落者が愛したスーツは、ズバリ何色?

Facebook
Twitter

"グレースーツ"の洒脱さを忘れてはいけない

控えめ過ぎると毛嫌いする人もいるかもしれないが、歴代のウェルドレッサーたちがグレースーツを特別な存在として愛したのには、明確な理由がある。それは最も控えめであるがゆえに、着る者の個性が最も色濃く滲むからに他ならない。

「グレースーツは男を磨くのにこれ以上ない服。昔の映画は、装い方のお手本です」と語るのは、日本を代表するウェルドレッサーの1人、フェアファクスコレクティブの慶伊道彦社長。

「たとえば『北北西に進路を取れ』の劇中では、主演のケーリー・グラントだけでなく脇役も皆がグレースーツ姿。まるでジャンパーを羽織るかのように、無造作に着ているのが格好いい。『めまい』のジェームズ・スチュアートも素敵です。控えめだからこそちょっとした仕草や遊びが目を引き、男の魅力が滲むことを映画は教えてくれます」。

さりげなくポケットへ手を突っ込む所作や、そこへ生まれる生地のシワまでもが粋に映る― 本記事のスタイルは、まさしくそれを証明するものといえよう。

また、黒の内羽根靴を履くところを茶のダブルモンクにしてみたり、チーフやタイに大柄を入れてみたり。そんな一匙のアレンジが洒脱に映えるのも、ニュートラルなグレースーツゆえ。粋な紳士たらんとする男の願いを、グレースーツは裏切らない。



\ ポケットへ手を突っ込むその所作すら、粋に映る /

BELVEST
ベルヴェストのグレー3Bスーツ

ベルヴェストのグレー3Bスーツ
スーツ27万円(エストネーション) シャツ4万3000円/ハンドレッドハンズ(ザ ソブリンハウス) タイ2万2000円/ベルヴェスト(バーニーズ ニューヨーク) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) クラッチバッグ6万9000円/グローブ・トロッター(グローブ・トロッター 銀座) 靴15万9000円/エドワード グリーン(エストネーション)


ワイドラペルの新鮮味を控えめグレーが際立たせる

ヴィンテージの意匠をモダンなシェイプに落とし込んだ「カプセルコレクション」より、スーパー120'sのピンヘッド生地を用いたスーツ。極太ラペルが洒脱に映えるのも、色柄が控えめだからこそだ。


\ 1つだけ挿した大柄が、その華を力強く主張する /

GIEVES&HAWKES
ギーブス&ホークスのグレー2Bスーツ&ベスト

ギーブス&ホークスのグレー2Bスーツ&ベスト
スーツ19万円、ベスト4万5000円(以上ヴァルカナイズ・ロンドン)シャツ1万8000円/ビームスF、タイ2万4000円/マリネッラ(以上ビームス ハウス 丸の内) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 靴18万円/ジョン ロブ(ジョン ロブ ジャパン) タイバー9000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI)


堂々たる威厳に満ちたブリティッシュスタイル

チャコールグレーの重厚感、そしてサヴィル・ロウ譲りの構築的な肩周りに、堂々たる威厳が表れた一着。他方、生地はしなやかで繊細なタッチだ。茶のボールドストライプが洒脱の肝に。



[MEN'S EX2018年05月号の記事を再構成]
撮影/片桐史郎(TROLLEY)、若林武志、岡田ナツ子、長尾真志、村上 健、杉山節夫、大泉省吾、田中新一郎八田政玄、武蔵俊介、久保田彩子 スタイリング/武内雅英(CODE)、宮崎 司(CODE)、佐々木 誠 ヘアメイク/松本 順(辻事務所)、勝間亮平(MASCULIN) 構成・文/伊澤一臣、宮嶋将良(POW-DER) 取材・文/安藤菜穂子、酒向充英  文/長崎義紹(paragraph)、中河由起恵(paragraph)、吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、安岡将文、池田保行(04)、礒村真介 撮影協力/七彩、新宿パークタワー、パークハイアット東京、リュド・ヴィンテージ目白

<span style=LARDINI
ラルディーニのグレー3Bスーツ
目の粗いヴィンテージ調の杢生地を用いたグレースーツ。ラペルも約9㎝と広めで、そのクラシックテイストを盛り上げている。一方で、仕立てはココらしくソフト。いつもながらに軽やかな着心地だ。控えめのミディアムグレースーツに白シャツ、レジメンタルタイというトラッドなスタイルながら、タイにソフトな7フォールドを選択。これにより、さらりと軽快&モダンな印象に。
スーツ12万7000円(ストラスブルゴ) シャツ3万3000円/フィナモレ(アマン) タイ、チーフ〈スタイリスト私物〉"/>

LARDINI
ラルディーニのグレー3Bスーツ
目の粗いヴィンテージ調の杢生地を用いたグレースーツ。ラペルも約9㎝と広めで、そのクラシックテイストを盛り上げている。一方で、仕立てはココらしくソフト。いつもながらに軽やかな着心地だ。控えめのミディアムグレースーツに白シャツ、レジメンタルタイというトラッドなスタイルながら、タイにソフトな7フォールドを選択。これにより、さらりと軽快&モダンな印象に。
スーツ12万7000円(ストラスブルゴ) シャツ3万3000円/フィナモレ(アマン) タイ、チーフ〈スタイリスト私物〉

<span style=MACKINTOSH PHILOSOPHY
マッキントッシュ フィロソフィーのグレー 2Bセットアップスーツ
ウールライクな見た目でいて実はポリエステル。吸水速乾性があり、シワに強く、家庭でも洗えるなどの快適機能を備えたベストセラーだ。セットアップの生地は、変形バーズアイ組織。ざっくりとした風合いにはクラシカルな趣が漂っている。茶の小紋タイとの相性も、ご覧の通りだ。
ジャケット3万5000円、ベスト2万円、パンツ1万6000円(以上SANYO SHOKAI)シャツ1万3000円/マッキントッシュフィロソフィー(SANYO SHOKAI) タイ8500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉"/>

MACKINTOSH PHILOSOPHY
マッキントッシュ フィロソフィーのグレー 2Bセットアップスーツ
ウールライクな見た目でいて実はポリエステル。吸水速乾性があり、シワに強く、家庭でも洗えるなどの快適機能を備えたベストセラーだ。セットアップの生地は、変形バーズアイ組織。ざっくりとした風合いにはクラシカルな趣が漂っている。茶の小紋タイとの相性も、ご覧の通りだ。
ジャケット3万5000円、ベスト2万円、パンツ1万6000円(以上SANYO SHOKAI)シャツ1万3000円/マッキントッシュフィロソフィー(SANYO SHOKAI) タイ8500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) チーフ〈スタイリスト私物〉

<span style=PAUL STUART
ポール・スチュアートのグレー 6Bダブルスーツ
貫禄漂うミディアムグレーのダブルスーツ。パンツも2タックと、大人の余裕を感じさせる仕様だ。ファインな生地と仕立てのよさが織りなす、ラペルロールの美しさにも注目を。サックスの無地シャツに合わせたのは、ジャカード織りペイズリータイ。大柄だが単色のうえ、グレースーツの包容力が相まってさらりと馴染んでくれるのだ。
スーツ13万円(ポール・スチュアート 青山店)シャツ3万4000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) タイ1万5000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI) チーフ〈スタイリスト私物〉"/>

PAUL STUART
ポール・スチュアートのグレー 6Bダブルスーツ
貫禄漂うミディアムグレーのダブルスーツ。パンツも2タックと、大人の余裕を感じさせる仕様だ。ファインな生地と仕立てのよさが織りなす、ラペルロールの美しさにも注目を。サックスの無地シャツに合わせたのは、ジャカード織りペイズリータイ。大柄だが単色のうえ、グレースーツの包容力が相まってさらりと馴染んでくれるのだ。
スーツ13万円(ポール・スチュアート 青山店)シャツ3万4000円/ルイジ ボレッリ(バインド ピーアール) タイ1万5000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI) チーフ〈スタイリスト私物〉

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Dec. VOL.297月号

2019

Dec. VOL.297

1

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop