休日の足元がもっとラクになる「裏なし」靴

Facebook
Twitter

EXTRA EXPRESS
今一番気になるアレコレ。

コンフォート志向の定着により、支持率が右肩上がりなアンラインド靴。なかでもローファーは、休日における楽チン靴の急先鋒として存在感を高め、各ブランドも注力している。

CASHMERE ―春カシミヤ―

1. TRICKER'S/トリッカーズ

TRICKER'S
7万5000円(ビームス ハウス 丸の内)

見た目も製法も堅牢なのに軽快

ボリュームのあるビーフロールを持つM7956。堅牢なグッドイヤー製法だが、アンラインドの作りと軽量でクッション性の高いフレックスソールの採用で、長時間歩行も俄然快適に。
TEL:03-5220-8686(ビームス ハウス 丸の内)

2. EDWARD GREEN/エドワード グリーン

EDWARD GREEN
7万8000円(エドワード グリーン 銀座店)

スーツケースに忍ばせるのもOK

旅での携行しやすさを考慮した、トラベルスリッパのポルペッロ。スエードのアッパーに加え、ソールもレザーながら極薄仕立てで柔らか。細身のウィズが、あくまで洗練顔に。
TEL:03-3573-6055(エドワード グリーン 銀座店)

3. CROCKETT & JONES/クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES
各6万9000円(以上バーニーズ ニューヨーク)

履き姿はあくまでエレガントにキマる

バーニーズ ニューヨークがトウをアンライニングに別注したセルハースト。さらに、日本人の足に沿う踵の小ぶりなラストにし、ローファーにありがちな抜けを回避。
TEL:0120-137-007(バーニーズ ニューヨーク)

4. LOBB'S/ロブス

LOBB'S
4万4000円(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)

柔らかくも色気ある手染めレザー

トウの芯材まで、柔らかさを徹底追求。マッケイ製法のため、返りの良さも格別だ。一方、レザーを手染めしたアッパーは、見た目には貫禄と色気を誇示してくれる。
TEL:03-3423-2021(ワールド フットウェア ギャラリー 神宮前本店)



[MEN'S EX 2018年3月号の記事を再構成]
撮影/若林武志 スタイリング/宮崎 司 文/安岡将文

※表示価格は税抜き
  1. 1
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年May VOL.290月号

2018

May VOL.290

6

Facebook Messengerで新着記事配信
はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』公式サイトはこちら
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop