SHARE
Facebook
Twitter
Instagram
RSS

FASHION

特集

仕事で着られる「新世代ジャージー」で毎日快適

Facebook
Twitter

 毎日着たくなる快適さも"着回せる"ジャケットの要件。とあれば、やはりジャージージャケットは外せない。中でも昨今のそれはパターンや素材が以前よりいっそう進化し、ニットのように伸びるのに遠目にはどこから見てもテーラードという優秀作が数多く生まれている。これなら仕事使いも問題皆無なうえ、快適に過ごしたい休日もノーストレス。さらにシワに強くケアも楽とくれば、ついこればかり手が伸びてしまうはず。便利さではジャージーがNo.1だ。

「着回せる」3つの理由

  1. ジャージーに見えないドレス感
  2. 休日にもノーストレスの着心地
  3. イージーケアで気楽に着倒せる

HACKETT LONDON(ハケット ロンドン)
生地厚とシルエットの妙で遠目にはジャージーと思わせない

 ダブルフェイス仕立てのピケジャージー生地。密度を高めて程良く厚手に編むことで、伸縮性がありながらきちんと感をキープしている。シルエットは現代的なスリムフィット。ラペルの幅も中庸でバランスが良く、仕事にも休日にも使いやすい仕立てとなっている。6万5000円(ハケット ロンドン 銀座)

着回せるディテール Study 「ラウンドフロント」

 ボタンから裾へのラインをフロントカットと呼ぶが、これが曲線的にラウンドしているもの(左)は裾回りが軽快な印象に。カジュアルインナーにも合いやすくなるのだ。

BELVEST(ベルヴェスト)
エレガンス際立つウールジャージー

 珍しいウール100%のジャージー素材。非常に繊細な生地感で、ベルヴェストの最高級仕立てとも相まってドレス感はひとしお。まさに究極のジャージーJK(ジャケット)だ。20万4000円(八木通商)

ELEVENTY(イレブンティ)
生地だけじゃない軽快演出のもう一手

 コットンに、ポリエステルとナイロンを混紡したジャージー生地は、薄手で実に軽量。縫製をあえてアウトさせるなど、ディテールでも軽快感を煽る。5万4000円(バインド ピーアール)

LARDINI(ラルディーニ)
ストレッチに加えて清涼感も楽しめる

 コットンとリネンの混紡生地は、リネン混では比較的珍しいデニム調に織り上げている。リネン混ならではの程良いドライ感も、春夏のジャケットとして魅力的だ。9万9000円(和光)

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

WHAT’S NEW

Instagram

SNAP

着こなしスナップ

RANKING

2017年APR.VOL 278月号

6

2017

APR.VOL 278

  • ビジネスでの好感度に外せない定番色!

    スーツな男はネイビーを制す!

  • 旅先で120%のパフォーマンスを発揮する

    出張Style便利帳

  • GLASSES MAKE THE MAN

    メガネ選びで好印象を作る!

はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』創刊
本格靴辞典
みんなのInstagram
365日Vゾーン
今月の読者プレゼント

pagetop