今すぐ真似してお洒落に! 「Mr.David」流・スーツの胸元エレガンス10の実例

Facebook
Twitter

本誌や本サイトの連載「Mr.David's Diary」でもお馴染みのアメリカ人モデル、Mr.デビッド。服好きが高じて、モデルの仕事でスーツを着るだけでは飽き足らず、プライベートでも自らスタイリストとなって積極的にスーツを楽しむ姿に、インスタグラムでフォロワー数が急増している。そんなスーツ達人の最旬の着こなしを拝見。そこには基本を踏まえつつ、ひねりを効かせたMr.デビッド流のエレガンスがあった。

Instagram:Mr David (@mr_david_style)

Mr.David Diary vol.5:https://www.mens-ex.jp/column/feature/180809_8694.html

<strong>1.ネイビーを格好良く着こなすには</strong><br />まずはMr.デビッドのコンサバスタイルを拝見。紺系でまとめつつも地味にならず、華やかな印象を与えるのは、スーツのチェックやネクタイの明るい青が効いているおかげ。

1.ネイビーを格好良く着こなすには
まずはMr.デビッドのコンサバスタイルを拝見。紺系でまとめつつも地味にならず、華やかな印象を与えるのは、スーツのチェックやネクタイの明るい青が効いているおかげ。

<strong>2.ピッチずらしの良きお手本</strong><br />チェックスーツ×ストライプネクタイという、難易度高めな柄物同士の組み合わせも、柄の間隔をずらせば収まりが良い。ここでは細かいチェックと幅広のストライプをコーディネート。

2.ピッチずらしの良きお手本
チェックスーツ×ストライプネクタイという、難易度高めな柄物同士の組み合わせも、柄の間隔をずらせば収まりが良い。ここでは細かいチェックと幅広のストライプをコーディネート。

<strong>3.地味色は柄で遊ぶ</strong><br />コンサバな印象の強い紺スーツは、柄次第で洒落っ気たっぷりにも着こなせる。ストライプスーツに合わせたのは、人気継続中のヴィンテージ調の柄ネクタイ。胸元には白いチーフを挿して清潔感も忘れずに。

3.地味色は柄で遊ぶ
コンサバな印象の強い紺スーツは、柄次第で洒落っ気たっぷりにも着こなせる。ストライプスーツに合わせたのは、人気継続中のヴィンテージ調の柄ネクタイ。胸元には白いチーフを挿して清潔感も忘れずに。

<strong>4.ダブルスーツの抜け道</strong><br />貫禄があるダブルスーツは威圧感を与えかねないが、こんな柔らかい素材を選べば一気に親しみやすい印象に。シャツも素っ気ない白無地よりは、柄物で楽しく。

4.ダブルスーツの抜け道
貫禄があるダブルスーツは威圧感を与えかねないが、こんな柔らかい素材を選べば一気に親しみやすい印象に。シャツも素っ気ない白無地よりは、柄物で楽しく。

<strong>5.グレースーツ選びの極意</strong><br />老け込みがちなグレースーツは、かすかに柄が感じられるものを選ぼう。お洒落感が出せる上に、ネクタイの色柄次第で毎回全く異なる印象で着こなせる。

5.グレースーツ選びの極意
老け込みがちなグレースーツは、かすかに柄が感じられるものを選ぼう。お洒落感が出せる上に、ネクタイの色柄次第で毎回全く異なる印象で着こなせる。

<strong>6.艶をまとえば若返る</strong><br />銀髪に光沢のあるグレースーツが若々しいMr.デビッド。ネクタイの色柄を問わないスーツだが、あえて華やかな色のストライプネクタイで冒険。守りに入っていない攻めの姿勢を感じさせる。

6.艶をまとえば若返る
銀髪に光沢のあるグレースーツが若々しいMr.デビッド。ネクタイの色柄を問わないスーツだが、あえて華やかな色のストライプネクタイで冒険。守りに入っていない攻めの姿勢を感じさせる。

<strong>7.流行はあくまでさりげなく</strong><br />サイドポケットの上にチェンジポケットが備わる、今トレンドのスーツ。あくまでビジネススタイルなので、流行のスーツを取り入れる場合は、シャツやネクタイはシンプルに徹したほうがクールだ。

7.流行はあくまでさりげなく
サイドポケットの上にチェンジポケットが備わる、今トレンドのスーツ。あくまでビジネススタイルなので、流行のスーツを取り入れる場合は、シャツやネクタイはシンプルに徹したほうがクールだ。

<strong>8.配色アイディアを拝借</strong><br />茶のスーツ×紫のシャツというウルトラC級の配色。完コピはおすすめしないが、例えば茶のスーツに白シャツを着込んで紫系のタイを締めるといった、配色のアイディアは大いに参考になる。

8.配色アイディアを拝借
茶のスーツ×紫のシャツというウルトラC級の配色。完コピはおすすめしないが、例えば茶のスーツに白シャツを着込んで紫系のタイを締めるといった、配色のアイディアは大いに参考になる。

<strong>9.色彩の魔術師</strong><br />週末は制約の多いビジネススタイルを抜け出して、思いっきり色で遊んでみては。定番配色の青×茶も、トーンを淡くすればこんなにも新鮮。時計やサングラスも脱ビジネスなものを選ぼう。

9.色彩の魔術師
週末は制約の多いビジネススタイルを抜け出して、思いっきり色で遊んでみては。定番配色の青×茶も、トーンを淡くすればこんなにも新鮮。時計やサングラスも脱ビジネスなものを選ぼう。

<strong>10.秋のカジュアルフライデーはこれ</strong><br />次のカジュアルデーにおすすめのシャンブレーシャツ×ネクタイの組み合わせ。スーツもざっくりとした光沢素材でカジュアルダウン。ジャケットを羽織っても脱いでも様になるコーディネートだ。

10.秋のカジュアルフライデーはこれ
次のカジュアルデーにおすすめのシャンブレーシャツ×ネクタイの組み合わせ。スーツもざっくりとした光沢素材でカジュアルダウン。ジャケットを羽織っても脱いでも様になるコーディネートだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop