同じ紺でも「いいスーツ」に見える選びのコツは?【1分で出来るスーツのお洒落】

Facebook
Twitter
同じ紺でも「いいスーツ」に見える選びのコツは?【1分で出来るスーツのお洒落】

一言で紺スーツといっても、見え方はさまざま。同じ紺無地スーツでも、分かる人には「いいスーツだな」と思わせる、選びのコツとは? 例えば写真のように首に吸い付くような優雅なノボリはいいスーツの証拠。着たときにシャツの襟元からスーツが浮かず、ぴったりと沿っているのが望ましい。上襟付近もぴったりと身体に吸い付き、そこから緩やかにロールしていると美しく見える。ビスポークやそれに近いマシンメイドのスーツは、こうした理想的なディテールが反映されているので、選ぶときに注意してみるとよいだろう。会議や商談などできちんと見せたいときは、こうしたスーツに白無地シャツやシンプルな小紋柄ネクタイなどを合わせると、クリーンな印象になる。(2019年5月号掲載)

スーツ・ジャケット : チェザレ アットリーニ
シャツ : ディエトロレクインテ
タイ : チェザレ アットリーニ
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop