最新の欧州ホットハッチ「ルノー ルーテシア R.S.トロフィー アクラポヴィッチ」に雨天試乗!

Facebook
Twitter
R.S.トロフィー アクラポヴィッチ

定評あるルノーのホットハッチ

欧州では、今も昔もBセグメントのハッチバック車が人気だ。そして、欧州メーカーはその実用コンパクトをスポーツカーに仕立てるのがじつにうまい。ルノー ルーテシアは代表格といえるものだ。

ところで今回の試乗車の車名は「ルノー ルーテシア R.S.トロフィー アクラポヴィッチ」。いかんせん長い。そしてクルマ好きに分かっても、そうでない人にはまったく意味がわからないだろう。なので、ルノー ルーテシア以降について順を追って解説する。

まず「R.S.」はモータースポーツ部門であるルノー・スポールの略だ。F1やルマン24時間レースなどで培われた技術を市販車にフィードバックする役割を果たす。実はルノーほど走りの質にこだわるメーカーも珍しい。「R.S.」の名がつく全モデル、さらに新型のアルピーヌA110の開発ドライバーでもあるロラン・ウルゴン氏の主導のもと、Bセグメントのルーテシアにさえ、「シャシーカップ」と「シャシートロフィー」という2種類のシャシーが用意されるのだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop