名車「アルピーヌA110」が復活、日本導入発表の2日後に規定台数超え!

Facebook
Twitter
新旧のA110
フランス大使公邸に並べられた新旧のA110。そのディティールから、2台を並べると、新型A110が旧型のDNAを受け継いでいることがよくわかる。

まずは限定50台からスタート

2018年6月22日、アルピーヌ・ジャポンは2017年のジュネーブショーで初公開したミドシップスポーツカー、新型「アルピーヌA110」の国内導入発表会を東京都港区にあるフランス大使公邸で行った。

アルピーヌ・ジャポンのトマ・ビルコCOO
アルピーヌ・ジャポンのトマ・ビルコCOO。年末までにA110のフルレンジを導入すると発表した。

発表会当日の夜には「ALPINE IS BACK!」と銘打たれたアルピーヌブランド日本導入発表レセプションが行われ、会場になったフランス大使公邸の庭園には新旧の「A110」が並べて展示されていた。

アルピーヌA110
WRCでの活躍などにより世界的にヒット。名車とされるアルピーヌA110。新型はその人気復権を果たすことができるか。

そもそも「アルピーヌ」とは1955年に設立されたフランスのスポーツカーメーカー。1970年代に登場したRR(リアエンジンリアドライブ)駆動の「A110」が、WRC(世界ラリー選手権)で大活躍しその名声を高めた。1973年にルノー傘下となり、ル・マン24時間レースなどにも参戦していたが、1995年に活動を休止。およそ20年後の2016年にアルピーヌブランドの復活計画を発表。ついに名車「アルピーヌA110」が現代に蘇ったというわけだ。

フランスのスポーツカーブランドであることをこの上なくアピール。Cピラーにはフランス国旗を模したバッヂがある。

フランスのスポーツカーブランドであることをこの上なくアピール。Cピラーにはフランス国旗を模したバッヂがある。

フェンダーにはアルピーヌブランドのロゴ。

フェンダーにはアルピーヌブランドのロゴ。

現代のクルマらしく、レザーをふんだんに使った内装。スイッチ類も効率的にまとめられている。

現代のクルマらしく、レザーをふんだんに使った内装。スイッチ類も効率的にまとめられている。

こちらは旧型A110。当然のことながら時代を感じさせるが、スポーツカーらしい作りは今見てもかっこいい。

こちらは旧型A110。当然のことながら時代を感じさせるが、スポーツカーらしい作りは今見てもかっこいい。

Sabelt製の軽量モノコックバケットシートを採用。見るからにホールド性に優れている。素材はレザー/マイクロファイバーとなる。

Sabelt製の軽量モノコックバケットシートを採用。見るからにホールド性に優れている。素材はレザー/マイクロファイバーとなる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Oct. VOL.294月号

2018

Oct. VOL.294

10

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop