一度は泊まりたい"一芸宿"#5 会員制グランピング「東京クラシックキャンプ」千葉県・千葉市

Facebook
Twitter

一芸に秀でた、知る人ぞ知る名宿をピックアップする当連載。今回の舞台は会員制のグランピング施設。そこには一味違ったアウトドア体験が待っている。

会員制グランピング
− 千葉県・千葉市|東京クラシックキャンプ −

アウトドアライフを自由に設計できる贅沢
アウトドアライフを自由に設計できる贅沢

ストレスフリーってまさにこういうこと

快適なサービスを備えるキャンプスタイル「グランピング」が流行っている。自分で道具を用意したり、テントを張ったりしなくていいので、アウトドアに興味はありつつ尻込みしている方にうってつけ。特にエクスクルーシブなアウトドアライフを望むなら、今年3月に誕生した「東京クラシックキャンプ」が一押し。日本で初めて会員制を採用しているので、同じ価値観の人が集うという安心感もある。2ヘクタールの原生林にはキャビンが5棟、テントが6張り。適度な距離を保って建っているのでストレスフリー。国内外のレストランをプロデュースしてきた会社が運営しているため料理の味も申し分ないうえに、世界中を旅してきたアウトドアのエキスパートが常駐しているので火の扱い方やハンモックの吊るし方なども教えてもらえる。プールもある。乗馬もできる。しかも、東京から1時間足らず。都会の喧騒を離れ、気軽にアクティブレストするには最高なのだ。

設備の整った乗馬クラブが隣接。

設備の整った乗馬クラブが隣接。

夏にはプールを開放。

夏にはプールを開放。

夕食はオプションで、BBQ、ダッチオーブン、薬膳鍋から選べる。質も量も充分。

夕食はオプションで、BBQ、ダッチオーブン、薬膳鍋から選べる。質も量も充分。

テントの中はこんな感じ。キッチン、ダイニング、シャワールームを併設。

テントの中はこんな感じ。キッチン、ダイニング、シャワールームを併設。

キャビンは各々趣が異なる。最大12名が利用できる棟も。

キャビンは各々趣が異なる。最大12名が利用できる棟も。

キャビンは各々趣が異なる。最大12名が利用できる棟も。

キャビンは各々趣が異なる。最大12名が利用できる棟も。

入会金10万円、年会費5万円。キャビン4万円~、テント1万8000円~(共に1棟1泊あたり)。宿泊の際はエントランスフィー5000円(1人あたり)が必要。現在、メンバー500名を限定募集中。体験宿泊キャンペーンも実施。

入会金10万円、年会費5万円。キャビン4万円~、テント1万8000円~(共に1棟1泊あたり)。宿泊の際はエントランスフィー5000円(1人あたり)が必要。現在、メンバー500名を限定募集中。体験宿泊キャンペーンも実施。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Oct. VOL.294月号

2018

Oct. VOL.294

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop