男性美容研究家・藤村 岳のクアラルンプール#2 マンダリン オリエンタルのラグジュアリーな設えに感嘆!

Facebook
Twitter

マンダリン オリエンタル クアラルンプールにチェック・イン!

リノベーションを進めている部屋はアジアモダンな設え。人気なのはクアラルンプールのシンボルであるペトロナス・ツイン・タワーや市民の憩いの場KLCCパークを見下ろせるパークビューの部屋だ。165㎡もあるクラブスイートならベッドからツインタワーが望めるというとびきりのナイスビュー。リビング、ダイニング、そしてキッチンまでも完備している。ウォークインクローゼットにサウナと設備が充実しているから、外に出ずとも快適なステイが楽しめる。

マンダリン オリエンタル クアラルンプール
クラブツインタワービューのベッドルーム


マンダリン オリエンタル クアラルンプール
クラブスイートのバスからは眺望が素晴らしい


また、スイートよりも手頃な40㎡のパークビュールームもお勧め。というのも、年越しのカウントダウンでKLCCパークに花火が上がる。マレーシアの花火はわりと低いそうで、真正面に花火が見えるのだとか。真横から見る花火に感動し、一度泊まったゲストは来年の予約も入れていくというのも納得する。

部屋にはマネージャーからのカードとともにウェルカムフルーツとオーガニックのソーダが置いてあった。ターンダウンされたベッドにはチョコレートも。荷解きを終え、広く足が伸ばせるバスタブに浸かり、長旅の疲れもほどいた。真っ白なリネンのキングサイズのベッドに身を沈めるとすぐに眠りへと落ちていき、1日目が穏やかに過ぎていった。



マンダリン オリエンタル クアラルンプール
昼間はインフィニティプールとKLCCパークを一望できる


マンダリン オリエンタル クアラルンプール
ウエルカムフルーツにほっこり


#3に続く
次回:あえて台北経由にした理由とは?

文/藤村 岳

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Oct. VOL.294月号

2018

Oct. VOL.294

10

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop