SHARE
Facebook
Twitter
Instagram
RSS

VOICE

旅とクルマ

経験もある、知識もある、余裕もある。大人だからこそ楽しめるトラベルのススメ

海上にポツンと浮かぶフローティングバーとは? [アマンプロ]vol.2

Facebook
Twitter

男だって楽しみたい! 日常を忘れるプライベートアイランドへ 「アマンプロ」食事&スパ編

サンセットを眺めながらプライベートBBQ!

朝食からランチ、夕食まで利用できるダイニングは2ヶ所ある。まずは島の中心部、高台にあるメインの"クラブハウスレストラン"。ここではフィリピン伝統料理、あるいはインターナショナルな料理を提供する。

そしてビーチに面した"ビーチクラブ"。スペイン料理とシーフードが食べられる。ビーチに沈むサンセットを見ながらの夕食がおすすめ。この日の夕食が、アマンプロについて初めての食事となったのだが、タパスやパエリアなどのスペイン料理に、フィリピンの素材やテイストがフュージョンして、彩りも鮮やかで美味。トロピカルカクテルとのマッチングが絶妙なのは、ビーチサイドというシチュエーションもあるからだろう。陽が沈んだ後は、遮るものが無い満天の星空が楽しめた。

"ビーチクラブ"での夕食。フィリピンは長くスペインに統治されていたので、料理にもスペインの影響が多く見られるという。
プールサイドでの食事
クラブハウスにはプールがあり、オープンエアで、プールサイドでの食事も。©Aman

また、ビーチクラブの島の反対側には、ディナーだけの営業となるモダン・グリルメニューの"ラグーンクラブ"が、島の南側には、ランチだけの営業で釜焼きのピザなどが食べられるピクニックガーデンがある。

メインのレストランは、以上となるが、他に面白いバーがある。海上に浮かフローティングバー"カワヤンバー"だ。遠浅で穏やかな海にプカプカと浮かぶバーで、デイベッドに寝転びながら飲むピニャコラーダが、やけに進んでしまった。

カワヤンバー
竹でできたプラットホーム型のいかだ、"カワヤンバー"。このバーまではボートで移動する。スイムウェアとシュノーケリング道具を持って行くのもいい。カクテル4500ペソ~/2時間まで~。©Aman

よりプライベートな食事を楽しみたい場合は、"プライベートバーベキュー"のサービスもおすすめ。カシータ前のビーチやピクニックエリアなどに、バーベキューを用意してくれる。バーベキューは自分で焼くのではなく、焼いたものをサーブしてくれる。

夕暮れから始めた私たちだったが、食事が終わった後も話が止まらず、かなり長居となってしまったのだが、サービススタッフは、終了までずっと会話の邪魔をすることもなく、着かず離れずのスタンスで側に待機していた。うーん流石。

ビーチでバーベキュー
私たちはカシータ前のビーチでバーベキューを行ったが、前述のカワヤンバーや、森の中で行うことも可能だ。傍らではギターの演奏も。価格は1万5000ペソ/1人。前日までに予約が必要だ。©Aman

このようにアマンプロは、他のリゾートに比べて圧倒的にレストランの数が多く、飽きることなく、色々な食事を楽しむことができる。地元で漁れた魚介類、そしてパマリカン島内で育てているハーブや野菜をふんだんに使った料理は、新鮮で彩りも豊か。それを美しい自然の中で食べるのだから、これ以上の贅沢はない。行く前はフィリピンの食べ物にあまりピンと来てなかったのだが、流石に洗練されていて美味しくいただけた。

朝食
フィリピンの朝食。フィリピンの漬け込み肉(トシノ)は日本人の口にもよく合う。是非、食べてみてほしい。
オーガニックガーデン
各レストランで供されるハーブ、野菜類の一部を栽培している、島内のオーガニックガーデン。エグゼクティブシェフのアーウィンさん自ら、様々な植物を育てていた。

さて、ここで女性が喜ぶ、スパ&フィットネスにも少し触れることに。とはいえ、男性も街場のスパは行きづらいけれど、ホテル、特にリゾートでは照れることなく行けるでしょう。そしてここは、かの"アマン・スパ"。男性も受けない手はない。

スパ
スパは島の南東側の高台に。グリーンの木々の向こうにコバルトブルーの海と空を見渡せる絶景ポイントにある。シグネチャーマッサージである"プロ・オイル・マッサージ"が60分5700ペソ~。©Aman

こちらのアマンスパでは、アジアと西洋が融合したフィリピン式のセラピーを、フィリピン人セラピストによる施術で受けられる。日焼け前/後のケアや、フィリピン伝統の民家医療ヒロットマッサージ、ココナッツオイルを使用したヘッドスパなど南国ならではのメニューが充実。

隣接するカシータには、24時間利用できるジムや、ヨガやピラティスなどのクラスが無料で受けられるスタジオも用意している。

ちなみに島内では、財布を持ち歩く必要はなし。そしてレストランでのサインも不要だ。スタッフはゲストの顔を覚えており、これも小規模なリゾートを展開するアマンならではのホスピタリティ。全ての会計は部屋にチャージされ、チェックアウト時に清算となるので、身軽に動き回れるのもうれしいところだ。

AMANPULO(アマンプロ)

Pamalican Island, Philippines
TEL:0120-951-125(平日11時~19時・アマン共通、日本語対応)
www.amanpulo.com

※価格は2017年2月現在の物です。

最後は、アクティビティと
向かいの島"マナモック島"編

  1. 1
休日の腕にG-SHOCK、そのとき服はどうする?
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

WHAT’S NEW

Instagram

SNAP

着こなしスナップ

2017年AUG.VOL 284月号

12

2017

AUG.VOL 284

  • 長く着たいから、価値ある一着を選ぼう

    10年愛せる王道アウター

  • 目的×予算で考える!

    「センスのいいギフト」の選び方

  • ウェアも、ギアも、楽しみ方も進化している!

    今冬こそ、またスキーを始めませんか?

はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』
本格靴辞典
みんなのInstagram
365日Vゾーン
今月の読者プレゼント

pagetop