SHARE
Facebook
Twitter
Instagram
RSS

VOICE

トラベル

経験もある、知識もある、余裕もある。大人だからこそ楽しめるトラベルのススメ

マニラから1時間、ここがフィリピンなの!? [アマンプロ]vol.1

Facebook
Twitter

男だって楽しみたい! 日常を忘れるプライベートアイランドへ 「アマンプロ」到着&宿泊島編

チャーター機を降りると、早速のおもてなし

2014年にアマン東京、昨年には伊勢志摩にアマネムが開業し、それほどリゾートに詳しくない男性でも、"アマン"の名を耳にする機会が増えたのではないだろうか。

現在世界20ヶ国31箇所のホテルを有するこのグループのホテルには、一度体験すると忘れることができない、"アマンマジック"と呼ばれる最上級のホスピタリティが用意されている。

リゾート通の女性たちの中には、体験者も多いこの"アマンマジック"。それを味わう資格は十分あるだろうM.E.世代の男性読者にも是非、体験して欲しい! ということで、編集部Sが、昨年末、年末進行で青い顔をしている部員たちに恐縮しつつ、体験取材に行ってきた。

向かったのはフィリピン・パマリカン島の"アマンプロ"。白砂のビーチと遠浅の澄んだターコイズブルーの海に囲まれた、全長2.5kmの絶景のプライベートアイランドだ。

フィリピンのパマリカン島
アマン東京、アマネムを別とすれば、他のアマンに比べ、日本から比較的近く行きやすいのがフィリピンのパマリカン島にあるアマンプロだ。マニラから1時間ほどのフライトで到着するこの絶景のリゾートは、1つの島全体がアマンとなるプライベートアイランド。©Aman
チャーター機
チャーター機は19人乗り。マニラのあるルソン島、ミンドロ島上空を越え、スールー海に浮かぶパマリカン島へ。マニラからは南西へ360kmに位置する。写真はパマリカン島の空港。

マニラ空港の混雑で、離陸が遅れたため、奇しくもサンセットフライトに。パマリカン島=アマンプロに到着すると、小さなエアポートで大勢のスタッフがお出迎え。日本人のスタッフの五十嵐勝也さんもいた。

電動カートに荷物を積み、そのままスタッフに連れられカシータ(独立したコテージ=客室)へ。ちょっとした挨拶程度の会話で、同行者の中で、私が一番英語が苦手だと気づいたのか(汗)、五十嵐さんも部屋まで同行してくれた。流石のホスピタリティ。ここでチェックインとなる。

ビーチカシータ
右下の三角屋根がカシータ。カシータは眺望が美しいヒルサイドや、熱帯雨林の緑に囲まれたツリートップもあるが、一番数が多いのがビーチ沿いに並ぶ写真のビーチカシータ。©Aman
    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

WHAT’S NEW

Instagram

SNAP

着こなしスナップ

RANKING

2017年APR.VOL 277月号

5

2017

APR.VOL 277

  • ビジネスマンの“持つべき”をカウントダウン

    スーツな男の傑作100

  • 4~6月まで大活躍を絶対保証!

    「着回せる」ジャケット大研究

  • TPOでどう選んだら喜ばれる?

    男の手土産帖

はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』創刊
MEN'S EX 24周年記念プレゼント
本格靴辞典
みんなのInstagram
365日Vゾーン
今月の読者プレゼント

pagetop