日本人が着て、真にサマになるスーツ【タキザワ シゲル】

Facebook
Twitter
2015年11月号オーダー特集でもチラ見せしたタキザワ シゲルのビスポークスーツが完成。

フルハンドゆえ気長に待っていましたが、仕上がりに袖を通した時は、初めてジョン ロブを履いた時と同じくらいの衝撃と感動がありました。

とにかく着用感がよく、カッコイイのです。胸ポケット位置や裾丈、裾幅などクラシックの王道を踏まえつつも、それを野暮ったくせず、絶妙にスマートに見せる滝沢 滋さんのモデリングの妙技。

僕のような中肉中背の日本人体型との相性は正直、破格ではないでしょうか。

当たり前のことをきちんとこなす、寿司職人の仕事のように削ぎ落とされた美しさ。最高。



非常に合理的なディテールが満載

k_20151208_02.jpg ベントが浮いてシルエットが崩れるのを防ぐ重しのチェーン。


k_20151208_03.jpg パンツの裏地で、総裏な上、表地に縫い付けずに裏地だけで袋状にしてあり、着用感がいいうえ、裏地が脚にまとわりついてもシルエットが崩れません。こちらはフルハンドだけのディテールです。

商品データ

上は100%フルハンドゆえ注文には決意が必要(50万円~)ですが、滝沢さんのスーツのシルエット美は既製やパーソナルオーダー(11万円~、平均20万円)でも堪能できます。P92の新店も要チェック!(サローネ オンダータ TEL:03-3569-3962)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Nov. VOL.295月号

2018

Nov. VOL.295

11

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop