ラルディーニの2トップに聞いた、「簡単にお洒落に見える」おすすめスタイルとはーー?

Facebook
Twitter
news_180420_lardini_01.jpg

ラルディーニが昨年の4月末、東京・丸の内に日本初となる路面店「ラルディーニ東京店」をオープンしてから、早や1年を迎えた。その1周年イベントを機に、社長のアンドレア・ラルディーニと、その弟である副社長のルイジ・ラルディーニが来日。お店のおすすめ新作や、彼らの来日スタイルをチェックしてきた。

「自分らしさ」の軸を崩さない、ラルディーニ流スタイルとは?

「Buongiorno! Come stai???」
(ハロー! 元気だった―?)
と、いつものイタリア的な挨拶に始まって元気よくやってきた2人。

ラルディーニのアンドレア&ルイジ兄弟とは、私がMEN'S EXに移ってきた2008年以降、毎シーズンのピッティでブースを案内してもらったり、アンコーナからほど近いフィロットラーノの工場取材をしたり、また来日のたびにご飯にいったりインタビューしたり......と、知り合ってからかれこれ10年近くなる。彼らに会うたびにいつも思うのは、根本的な2人のスタイルというのが、いつも「とっても彼ららしい」ということだ。

news_180420_lardini_04.jpg

2人のスタイルは、どちらもイタリア的でありながら、とても対象的だ。
社長のアンドレアは、いつも、紺のスーツを好んで着る。シャツは白、ネクタイも紺無地、靴も黒、というとてもストイックなスタイル。「ストライプのシャツなんかは着ないんですか?」と聞いてみると、「いやいや、いつも白だよ。ネクタイも紺がほとんど。スーツも基本は紺、グレーは滅多に着ない。たまにブラウンを着ることはあるけれど......。だって、紺と白の組み合わせはもっともエレガントでしょう」というのがアンドレア氏の持論。

news_180420_lardini_03.jpg

一方、弟のルイジのスタイルはその真逆で、ネクタイをしていたとしても、リラックスしたカジュアルな恰好を好む。雨で少し寒かったこの日は、カシミヤのハイゲージのニットジャケットを着用。きちんとした場のスーツなら、ネクタイのノットもきっちり締めるが、基本こうしたドレスダウンのジャケットスタイルの時は、ネクタイもわざと緩めに崩すのがルイジ流だ。ここに自身が好きな「コロニアル」カラーを上手くミックスし、カーキのパンツに白スニーカーで上手く着崩していた。

ファッションのブランドは毎年新しい素材や色柄など、いろいろな提案をしていくが、そんな中でも「自身の軸」となるスタイルがまったくブレないというのは、とてもカッコいいと思う。

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・
「グレーもいいけれど、自分で選ぶならやはりネイビーだね」と、アンドレア。春先は、少し明るめのネイビートーンもおすすめ。

「グレーもいいけれど、自分で選ぶならやはりネイビーだね」と、アンドレア。春先は、少し明るめのネイビートーンもおすすめ。

MEN'S EXでも何度も紹介して人気上昇中の「パッカブルスーツ」は、このように小さなポーチに丸めておさまるようになっている。

MEN'S EXでも何度も紹介して人気上昇中の「パッカブルスーツ」は、このように小さなポーチに丸めておさまるようになっている。

「このようにクシャッと丸めても、シワの復元力が高いので出張には本当に便利だね」

「このようにクシャッと丸めても、シワの復元力が高いので出張には本当に便利だね」

ネイビーシアサッカーのパンツ。

ネイビーシアサッカーのパンツ。

ルイジのお気に入りは、サファリテイストのシャツ。

ルイジのお気に入りは、サファリテイストのシャツ。

ベージュもいいが、カーキもこの春、気になっている色。

ベージュもいいが、カーキもこの春、気になっている色。

いざ、突然店頭でスタイリングをスタート!

いざ、突然店頭でスタイリングをスタート!

チーフも合わせたり……

チーフも合わせたり……

パンツは白が好み。

パンツは白が好み。

出来た!

出来た!

「ジャケット、ジレ、ネクタイを同系の色、素材で合わせるとまとまりがよく、簡単にお洒落にキマります!」

「ジャケット、ジレ、ネクタイを同系の色、素材で合わせるとまとまりがよく、簡単にお洒落にキマります!」

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年May VOL.290月号

2018

May VOL.290

6

Facebook Messengerで新着記事配信
はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』公式サイトはこちら
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop