「曲げずに飛ばしやすい!」最新テクのドライバーは?【テーラーメイド M6】

Facebook
Twitter

プロゴルフコーチの奥嶋誠昭氏と、ゴルフ大好きゴルフライターの鶴原弘高氏が最新の注目クラブやシャフトを試打計測。気になる性能を徹底レビュー!

TAYLORMADE M6 DRIVER
【プロ&アマの最新ゴルフクラブ試打レビュー vol.46】

ミスヒットしても球が曲がりにくい
オートマチックに低スピンで飛ばせる

 TAYLORMADE M6 DRIVER

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ テーラーメイドからは「M5」と「M6」という2つの新しいドライバーが登場しました。今回試打する「M6 ドライバー」は、昨年度に大ヒットした「M4 ドライバー」の後継モデルになります。

奥嶋誠昭さん 奥嶋プロ フェースに2つの赤いネジが付いていて、これが「スピードインジェクション」という新しいテクノロジーなんですよね。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ フェースの反発性能をルール上限ぎりぎりまで高めて、ボールスピードをアップさせるテーラーメイドの独自テクノロジーになっています。加えてこの「M6 ドライバー」にはソール後方に46グラムものウェイトが配置されているのが特徴ですね。

左/「スピードインジェクション」右/ソール後方にウェイトを配置してヘッドを深重心化。慣性モーメントを高めることでヘッドをブレづらく設計している
写真・左/「スピードインジェクション」は、ルール上限を越えるフェース反発のヘッドを作っておいて、フェースの2つのネジ穴からレジンを注入することでルール上限ぎりぎりまでフェース反発を抑える仕組み。写真・右/ソール後方にウェイトを配置してヘッドを深重心化。慣性モーメントを高めることでヘッドをブレづらく設計している。

奥嶋誠昭さん  奥嶋プロ アドレスしてみると、めちゃスクエアに構えやすいヘッドです。クラウンのマットブラックと、フェース寄りのシルバーの部分のコントラストがはっきりしていて、そのラインがフェース面とピタリと合っています。

鶴原弘高さん ライター・ツルハラ 見た目には未来感や独創性がありつつ、構えやすさもピカイチ。テーラーメイドは、本当にこういうデザインが上手ですね〜。感心しちゃいます。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop