【岩手 - 菅原靴店】矢部克已の「ニッポン、いい店(ショップ)いい工場(ファクトリー)#3」

Facebook
Twitter

大手が経営する大型スーパーの進出で、地方都市の商店は、地元に根付いた専門店でさえも、暖簾を下ろさなければならない状況が続く。盛岡で3代目となる靴店の後継者が打って出たのは、ヨーロッパの良質な靴や店の空間を通して、心地よさを演出するイタリア仕込みの方法だ。

菅原靴店
3年前から販売し始めた「エドワード グリーン」。木型82、915の『チェルシー』や、別注の『ドーバー』も扱う。東北エリアで唯一の「エドワード グリーン」販売店だ。

今月のいい工場(ショップ)
岩手 - 菅原靴店

矢部克已さん

教えてくれる人
ファッションジャーナリスト
矢部克已さん

メンズファッション誌編集部を経て渡伊。本場の服飾文化を吸収して帰国。ピッティ・ウォモを欠かさずに取材。「ファッションの現場」が気になるため、この連載を企画。

ヨーロッパ最良の靴を地元にしっかりと伝え蘇った、盛岡の老舗

日本で唯一販売する靴も揃えた、挑戦的な提案

JR盛岡駅からゆっくり歩いて約15分。北上川を渡った風景の先に、盛岡市大通り商店街がある。見慣れたチェーン店が軒を連ねているが、程よく目立つ「菅原靴店」。モダンな自社ビルの1~3階を占める。

【歴史】

「菅原靴店」の発祥は1890年。団子とかき氷を売る店から始まった。店の近くには、8軒ほどの映画館がいまも残る。
その当時、盛岡駅から散歩し、映画を観た後に団子やかき氷を食べて帰るという、デートコースを担っていた店だ。第2次世界大戦後、東北の農業が盛んになり、初代は八百屋に転身。農作業に適した長靴も店に並べると、飛ぶように売れた。1950年「菅原靴店」を創業。高度経済成長期。建設業が栄え、東京で仕入れた地下足袋を販売すれば、新日鉄釜石社長の目に留まり、大量の注文を得て店は大きくなった。2代目に受け継がれ、現在のビルに建て直した。

<b>Good Owner!</b>
<hr style= 菅原 誠さん。専修大学付属北上高校時代は野球部に属し、2年生のとき、甲子園出場を果たした名選手。趣味はフィッシング。ミラノで開催する靴の展示会「ミカム」に毎回訪れる。 "/>

Good Owner!
菅原 誠さん。専修大学付属北上高校時代は野球部に属し、2年生のとき、甲子園出場を果たした名選手。趣味はフィッシング。ミラノで開催する靴の展示会「ミカム」に毎回訪れる。

<b>Nice Shop!</b>
<hr style= 3階はイタリアブランド中心のメンズブティック。"/>

Nice Shop!
3階はイタリアブランド中心のメンズブティック。

<b>So Stoked!</b>
<hr style= 日本では「菅原靴店」のみで展開する、スペインの「カルセ」。ボロネーゼ製法のビットとタッセルローファー。日本にまだ知られていない、高度な手づくりの香りがする靴を仕入れる。 "/>

So Stoked!
日本では「菅原靴店」のみで展開する、スペインの「カルセ」。ボロネーゼ製法のビットとタッセルローファー。日本にまだ知られていない、高度な手づくりの香りがする靴を仕入れる。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Sep. VOL.293月号

2018

Sep. VOL.293

9

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop