美しいだけじゃない、100年調整が要らないカレンダー搭載のモンブランの時計とは?

Facebook
Twitter
モンブラン ヘリテイジ クロノメトリー パーペチュアルカレンダー サファイア

モンブラン
モンブラン ヘリテイジ クロノメトリー
パーペチュアルカレンダー サファイア

搭載ムーブメントのメカニズムを表裏から視認できるフルスケルトンモデルは最近の時計界のトレンド。インパクトの大きい近未来的なデザインを纏った腕時計はしかし、その存在感の大きさゆえに普段の装いとの合わせづらさに躊躇する人も多いだろう。

その点、モンブランの新作はフルスケルトンモデルでありながら、じつにシックにまとまっている。これはデザインの隅々に、モンブランが傘下に置く名門ミネルバの往年の文法を取り入れたからだ。とくに端正なケースフォルムにはミネルバの傑作「ピタゴール」の面影が濃厚。爽やかなネイビーを配したカラーリングも時計全体を端正かつモダンに見せるポイントになっており、これなら今どきのビジネススタイルとの相性もいいはずだ。

モンブラン ヘリテイジ クロノメトリー パーペチュアルカレンダー サファイア

また、このモデルは極めて実用的でもある。というのもサファイアクリスタルのスケルトンダイヤルから見えるキャリバーMB M29.15は、機械式時計の三大複雑機構の1つである"パーペチュアルカレンダー"搭載機なのだ。パーペチュアルカレンダーは、通常のフルカレンダーとは異なり、常にゼンマイを巻き上げた状態であれば、日付、曜日、月(さらにこのモデルであれば月齢まで)をなんと100年間手動で調整する必要がない。つまり、月の大小の違いはもちろん、4年に1回の閏年の調整までムーブメントが行ってくれるのだ。

そんな花形のハイコンプリケーションを搭載しながら、150万円という現実的なプライスをキープしてくれたのも嬉しいところ。フルスケルトンモデルについて「自分のキャラクターではないかな」と感じていた人も、このモデルなら俄然食指が動くのではないだろうか。

関連記事:「時間に向き合うことから、作品も自分らしさも生まれる」 フォトグラファー・長山一樹さんが語る「モンブラン1858」の魅力とは?

モンブラン
モンブラン ヘリテイジ クロノメトリー
パーペチュアルカレンダー サファイア

ケース径:40mm
ケース素材:ステンレススティール
ベルト素材:アリゲーター
ムーブメント:自動巻き(Cal.MB M29.15)
価格:150万円
お問い合わせ先:
モンブラン コンタクトセンター Tel.0120-39-4810
http://www.montblanc.com/ja-jp/

文/吉田 巌(十万馬力)
※表示価格は税抜き

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Dec. VOL.296月号

2018

Dec. VOL.296

12

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop