夏に「ソラーロ」生地を楽しむ醍醐味とは?~SOLARO, THE COLONIAL SUNSCREEN~【Mr.David Diary vol.4】

Facebook
Twitter

Mr.Davidが英語で綴る新連載「Mr.David's Diary」、ファッション遍歴を経ていよいよスタイル編スタート!

MEN'S EX誌上やイベントでも長年お馴染みのお洒落モデル、Mr.Davidが、自身のスタイルの成り立ちとポイントを語る「Mr. David's Diary」。デビッド自らのスタイル哲学、「Keep it Simple,sir」(シンプルに徹しましょう)略して「KISS」の真髄を掘り起こしていきます!

SOLARO, THE COLONIAL SUNSCREEN
~英国植民地のサンスクリーン、ソラーロ~

  david_180523_06.jpg

One of the great joys of ordering bespoke tailoring is discovering and selecting fabrics. Last summer, when my friends at Sarto invited me to a beachside party in Hayama, I commissioned a suit in Smith Woollens' iconic Solaro fabric to wear to the sartorial event of the season. With its rich history and unconventional look, Solaro has become one of my favorite fabrics for bespoke tailoring.

ビスポークのテイラードスーツをオーダーする楽しみのひとつに、新しい生地を知り、選ぶ楽しさが挙げられます。昨年の夏、サルトで働く友人が、葉山でのビーチサイドパーティに招待してくれました。私はそこで、スミス・ウーレンズの代表的なソラーロ生地を使ったスーツを、後日サルトリアルのイベントに着ていくためにオーダーしました。これをきっかけに、ソラーロは、その豊かな歴史と一風変わった見た目で、ビスポークテイラリングの生地の中でも、私のお気に入りの一つになりました。

Just to be clear, Solaro is a trademark of M Howgate Ltd. Of Bradford,produced by Smith Woollens, now a part of Harrisons of Edinburgh. Thesedays Solaro is incorrectly used to describe any fabric woven with a 2 by 1 twill with complementary colors in the warp and weft. Make no mistake, there is only one true Solaro.

ソラーロは、イギリスのブラッドフォードにあるM Howgate社の登録商標で、今はハリソンズ・オブ・エジンバラ社傘下のスミス・ウーレンズにより作られています。最近では、コンテンポラリーな色で、経糸と横糸が2対1の綾織の生地が何でも「ソラーロ」と呼ばれていますが、それは誤りで、本物のソラーロは、同社によるもののみです。

Like many aspects of menswear, Solaro fabric has its roots in the military. Around the turn of the 20th century, while the British were busy colonizing the tropics, an Italian-English physician by the name of Dr. Louis Westenra Sambon, working at the London School of Hygiene and Tropical Medicine, had developed a fabric that would protect the British soldier's fair skin from the harsh tropical sun. Based on previous German studies and his own research, Dr. Sambon concluded that the darker pigment of the colonized populations provided natural protection from the dangerous UV rays of the sun.

メンズウェアの他の多くの例と同様、ソラーロ生地のルーツは、ミリタリーにあります。20世紀初頭、イギリスが熱帯地方の植民地化に忙しかった頃、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院で働いていたイタリア系イギリス人の医師、ルイス・ウェステンラ・サンボンが、イギリス軍人達の白い肌を熱帯地方の強烈な太陽から守る為に、ある生地を開発しました。当時すでに発表されていたドイツでの研究結果と、自身の独自の調査にもとづいて、サンボン医師は、植民地の原住民達の黒い色素は、生まれつき太陽の有害なUV光線から肌を守ってくれていると結論付けました。

At the same time, it was well known that lighter colored fabrics reflect light and therefore retain less heat than darker fabrics. The solution was to develop a fabric that was of a darker color on the inside to mimic the darker skin tones of the native population and lighter on the outside to reflect the harmful rays of the tropical sun. As white was obviously impractical for soldiering, it was decided to use khaki on the outside and a brick red on the inside. The brick red may have been chosen as many of the natives in the colonies wore red garments and it was believed that this color repelled the UV rays of the sun. With a khaki warp and a reddish weft, in cool-wearing wool, Dr. Sambon invented Solaro in 1907.

当時、薄い色の生地は光を反射するので、色の濃い生地よりも熱を保ちにくいということはすでに知られていました。結果として、植民地の原住民達の黒い肌のトーンに似せて、内側を濃い色にし、表面には、熱帯地域の有害な太陽光線を反射する薄い色が使った生地を開発することになりました。白は、明らかに軍人にとっては実用的な色ではないので、外側をカーキ色、内側をレンガ色にしました。レンガ色は、多くの植民地の原住民達が赤い服を着ていて、太陽のUV光線を遮ると信じられていたことから使われるようになったのかもしれません。このようにして、1907年に、サンボン医師は、カーキの縦糸と赤い横糸で織られた、涼しい着心地のウール素材のソラーロを開発したのです。

接写で見ると良く分かる、ソラーロの生地の美しさ(写真2枚)

Despite the best intents and purpose, Solaro fabric failed at keeping soldiers cool in the tropical heat. Over the decades the fabric faded into near obscurity but somehow survived, revered by sartorially inclined gentlemen, mostly in England and Italy. Gianni Agnelli, rakehell extraordinaire and uncrowned King of Italy, was often photographed in a bespoke Solaro suit, and it is a perennial favorite of well-dressed gentlemen attending Pitti Imagine Uomo each summer.

しかし、医師の意図とは反対に、ソラーロ生地は、熱帯地域の熱から軍人達を守ることができませんでした。その後、数十年に渡り、この生地はほぼ知られなくなりましたが、どうにか生き残り、主にイギリスとイタリアの、仕立て服に傾倒した男性達に崇拝されるようになりました。社交界の異端児で、冠をかぶっていないイタリアの王とも言われたジャンニ・アニェッリは、ビスポークのソラーノのスーツを着た姿をしばしば写真に撮られていますし、毎夏ピッティを訪れるおしゃれな男性達の永遠のお気に入りアイテムでもあります。

夏のPitti、ソラーロスーツはこんな風に着られています!(写真3枚)

Smith Woolens Solaro, woven with an olive colored warp and a brick red weft in a herringbone pattern, creating a unique iridescence that changes in various light. スミス・ウーレンのソラーロ生地。外側はカーキ色、内側はレンガ色で、ヘリンボーン柄に織られている。

Smith Woolens Solaro, woven with an olive colored warp and a brick red weft in a herringbone pattern, creating a unique iridescence that changes in various light. スミス・ウーレンのソラーロ生地。外側はカーキ色、内側はレンガ色で、ヘリンボーン柄に織られている。

太陽光に当たると見る角度によって多様な色のトーンに見えて美しい。

太陽光に当たると見る角度によって多様な色のトーンに見えて美しい。

Solaro suit example, from  Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from  Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from Instagram @pitti_snap_by_beams

on the 1st day style of Pitti in last june. Sarto Ginza Solaro suits, Stefano Bigi tie,and Bryceland's  denim shirt. 今年の夏のピッティ初日も、デビッドはサルトでオーダーしたソラーロスーツを着用。ブライスランズのデニムシャツに、ステファノ ビジのタイを合わせて。

on the 1st day style of Pitti in last june. Sarto Ginza Solaro suits, Stefano Bigi tie,and Bryceland's denim shirt. 今年の夏のピッティ初日も、デビッドはサルトでオーダーしたソラーロスーツを着用。ブライスランズのデニムシャツに、ステファノ ビジのタイを合わせて。

A personal touch. Vintage tie bar with the letter L, in loving memory of our yellow Labrador, sweet Lolo . ブル狩りのネクタイに、ヴィンテージのタイバーを合わせて。もう亡くなってしまったが、大好きだった愛犬のラブラドール、「Loro」(ロロ)の頭文字「L」が入っているのが自分ならではのお洒落。

A personal touch. Vintage tie bar with the letter L, in loving memory of our yellow Labrador, sweet Lolo . ブル狩りのネクタイに、ヴィンテージのタイバーを合わせて。もう亡くなってしまったが、大好きだった愛犬のラブラドール、「Loro」(ロロ)の頭文字「L」が入っているのが自分ならではのお洒落。

I designed this suit, made by Sarto, with Gurkha waistband and militarily pockets to reflect the English colonial period during which Solaro fabric was created. サルトで作ったこちらのスーツ、私的なこだわりは、スーツのパンツをグルカパンツ風のウエストバンドにして、ソラーロの生地が出来た時代のように、ジャケットにミリタリー風ポケットをつけたこと。

I designed this suit, made by Sarto, with Gurkha waistband and militarily pockets to reflect the English colonial period during which Solaro fabric was created. サルトで作ったこちらのスーツ、私的なこだわりは、スーツのパンツをグルカパンツ風のウエストバンドにして、ソラーロの生地が出来た時代のように、ジャケットにミリタリー風ポケットをつけたこと。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年Oct. VOL.294月号

2018

Oct. VOL.294

10

    12
  1. 1
  2. 12
  3. 2
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop