ユンハンスの歴史的"テラス式工場"にオマージュを献げたクロノグラフの完璧なデザイン【BASEL2018新作】

Facebook
Twitter
ユンハンス
ユンハンス

ユンハンス
マイスター クロノスコープ テラッセンバウ

清潔感のある文字盤デザインにグリーンのストラップがこの上なくマッチ

クロノグラフのインダイヤルとデイデイト表示をバウハウスの影響を感じさせる、すっきりしたデザインにまとめあげ、時計好きを魅了し続ける「マイスター クロノスコープ」。その新作として時計界のトレンドカラーであるグリーンをストラップに取り入れた新作が登場した。

モデルネームの「テラッセンバウ」とは、当時ブランドを率いていたアーサー・ユンハンスが1917年~1918年に建造した大規模なテラス式工場のこと。有名な建築家フィリップ・ヤーコブ・マンツの設計によるこの工場は、シュヴァルツヴァルト渓谷の急勾配の地形に沿って階段状に9段の細長い建物を連結。結果、すべての作業場が時計作りに最適な採光が得られた。以降数十年間ユンハンスのマイスターシップを支える象徴として稼働し続け、ミュージアムとして活用される予定もある。

新作はこのテラス式工場の完成100周年を記念して製作されたもの。ミニッツトラックのデザインは工場の壁装飾物のデザインからインスパイアされており、随所のグリーンはかつて工場内の壁に目に優しいグリーンのタイルが貼られていたためだ。ケースバックにはテラッセンバウの特徴的な外観をエングレーブ。写真の世界限定1000本ステンレススティール仕様の他、100本限定の18Kローズゴールド仕様(115万円)も用意される。

ユンハンス マイスター クロノスコープ テラッセンバウのディテールをチェック!(写真5枚)

ユンハンス
マイスター クロノスコープ テラッセンバウ

ケース径:40.7mm
ケース素材:ステンレススティール
ベルト素材:クロコダイル
ムーブメント:自動巻き
限定数:1000本
価格:予価29万5000円
発売時期:2018年6月予定
お問い合わせ先:
ユーロパッション Tel.03-5295-0411
http://www.europassion.co.jp/junghans/

撮影/小澤達也 文/吉田 巌(十万馬力)
※表示価格は税抜き

  1. 1

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2018年July VOL.291月号

2018

July VOL.291

7

ワンランク引き上げるハミルトンの「カーキ」
Facebook Messengerで新着記事配信
Smartnewsでチャンネル登録
 
はたらく女性の新ライフスタイル誌『OWN』公式サイトはこちら
今月の読者プレゼント
サステナ

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop